Help us understand the problem. What is going on with this article?

IISに新しく追加したアプリケーションが起動しない

More than 5 years have passed since last update.

原因はユーザープロファイルのテンプレートフォルダにコピーできない許可設定のファイルがあったから。

Users\Default\以下にあるコピーできないファイルのアクセス許可 を"継承の有効化"で解決。

イベントログ
ソース:User Profile General ID:1509

ファイル \\?\C:\Users\Default\AppData\Local\Microsoft\VSCommon\12.0\SQM\sqmdata-5452-039-00000.sqm を \\?\C:\Users\TEMP\AppData\Local\Microsoft\VSCommon\12.0\SQM\sqmdata-5452-039-00000.sqm にコピーできません。ネットワークの問題が発生しているか、セキュリティの権限が不足していることが原因と考えられます。

 詳細 - アクセスが拒否されました。

ソース:User Profile Service ID:1511

ローカルのプロファイルが見つかりません。一時プロファイルでログオンしています。このプロファイルへの変更はログオフ時に失われます。

ソース:User Profile Service ID:1500

プロファイルを読み込めないためログオンできません。ネットワークに接続していること、およびネットワークが正しく機能していることを確認してください。

今回は発覚したのが新しいアプリケーションプールの追加だっただけで、問題はIIS,WASとは関係ない。
アプリケーションプールの実行アカウント設定がApplicationPoolIdentityの場合はアプリケーションプールごとにIIS APPPOOL\[name]というアカウントが作られる。そのときにコピー出来ないファイルがあったからワーカープロセスが起動できなくなっていた。

ソース:WAS ID:5022

Windows プロセス アクティブ化サービスでは、アプリケーション プール 'app1' のワーカー プロセスの作成に失敗しました。データ フィールドにはエラー番号が含まれています。

ソース:WAS ID:5002

アプリケーション プールを提供しているプロセス内での一連のエラーのため、アプリケーション プール 'app1' は自動的に無効になっています。

参考にした
New user gets event 1509 after deploying IE9/10/11 packaged by IEAK
Case of the User Service Service Failed The Logon

cbw3v2c4
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした