Help us understand the problem. What is going on with this article?

vim様でクリップボードにコピーできるようにする

More than 3 years have passed since last update.

vim様でクリップボードにコピーできるようにする

vim様は通常だとヤンクしてもクリップボードにコピーができない。
他のテキストファイルにコピペできない。僕みたいなvim初心者にも厳しい。
でも嫌いじゃないよ。

色々トラブルあって大変だったけど、クリップボードへコピーできるようになったのでメモ。
ちなみに設定した環境は以下のとおり。

  • vim 7.4
  • Mac OSX Yosemite 10.10.1

.vimrcの設定

  • .vimrcに以下を追加
set clipboard=unnamed,autoselect

clipboard設定の確認

  • vimでclipboardが使用できる設定になっているかを確認する
vim --version | grep clipboard

-clientserver +clipboard +cmdline_compl +cmdline_hist +cmdline_info +comments
 -xterm_clipboard -xterm_save

出力内容に+clipboardがあれば設定完了。-clipboardの場合は以下の設定を行う。

MacPortsのインストール

  • 既にインストール済み(ターミナルでportコマンドが有効)の場合は対応不要
  • MacPortsからインストーラ取得してインストール
  • インストールが完了したら環境変数を設定
    • Macの場合は~/.bashrcに追記
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH
  • MacPortsを最新にアップデートする
sudo port selfupdate

ちなみに自分の場合は.bashrcが読み込まれておらず、portコマンドがnot findになりました。
なので、~/.bash_profileに以下を追記

if [-f ~/.bashrc];
then source ~/.bashrc
fi

+clipboardに変更

  • ターミナルで以下のコマンドを実行
sudo port deactivate vim
sudo port install vim +clipboard

インストールに少し時間がかかります。

  • インストールが完了したら確認
vim --version | grep clipboard

+clipboardがあれば設定完了。

最後にvimで確認

  • 何でも良いのでテキストをvimで開く
  • visualモードで適当に選択してヤンク
  • 他のエディタにCtrl+vで貼り付けられたらOK。
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away