Help us understand the problem. What is going on with this article?

【phpbb】templateについて

phpbbのtemplateの構造

phpbb3.2を使っています。
phpbbをカスタマイズして掲示板サイトを作ったのですが、開発当初は構造を把握するのが大変だったししばらく触っていないと忘れそうなので、ここに残しておこうと思います。

どのテンプレートファイルを使っているのか

以下のようにテンプレートファイル名を指定してるところがあると思います。

index.php
$template->set_filenames(array(
    'body' => 'index_body.html')
);

index_body.htmlはどこかというと、./styles/prosilver/template/index_body.htmlここにあります。
prosilverはデフォルトのスタイルです。

index_body.html
<!-- INCLUDE overall_header.html -->

いきなりこういうのがあるのですが、こういう系の記述は他にもあって簡単にまとめるとこんな感じです。

記述 意味
<!-- INCLUDE something.html --> 'something.html'を読み込む
<!-- EVENT something --> 拡張機能でここに入れたいテンプレートを読み込む
<!-- IF something --> if文書くとき
<!-- BEGIN something --> loop書くとき

他にもありますが、上記がよく見るやつ。
詳しく知りたい方は以下のリンクなど参照してください。
Template_syntax

補足

EVENTに関して

拡張機能は、./ext/配下に配置するのですが、./ext/steve/postreactions/styles/prosilver/template/event/って感じでtemplateフォルダの下のeventフォルダにある、<!-- EVENT something -->に記述されているのと同様のファイル名のテンプレートが読み込まれます。
例えば、<!-- EVENT overall_header_navigation_append -->だったら、./ext/steve/postreactions/styles/prosilver/template/event/overall_header_navigation_append.htmlがそこに読み込まれます。
拡張機能に関してはまた別で記事書こうかなと思います。多分。

テンプレート内で使う変数に関して

これ最初知らなくて引っかかったので書いておきます。
テンプレート内で使う変数は大文字じゃないといけないんですね。

index.php
// Assign index specific vars
$template->assign_vars(array(
    'TOTAL_POSTS'   => $user->lang('TOTAL_POSTS_COUNT', (int) $config['num_posts']),
    'TOTAL_TOPICS'  => $user->lang('TOTAL_TOPICS', (int) $config['num_topics']),
    'TOTAL_USERS'   => $user->lang('TOTAL_USERS', (int) $config['num_users']),

って感じで。
ここTemplate_Systemtemplate variable names are always all-uppercaseって書いてあります。
テンプレート内では{L_SOME_VARIABLE}こう使います。
ドキュメント見ないでやっていたので、これに気づくまでに無駄な時間を費やしました...。

終わりに

phpbbのカスタマイズしていて思ったのが、日本語の検索結果がとても少ないことです。
なので今まで知ったことを備忘録的な役割も含め書いていこうと思います。

bubbles
仕事ではweb開発をしており、現在はphp(framework:laravel5.4.36)、sqlserver、mysql、javascriptを扱っています。
ayudante
いつもユーザー中心で技術者とコンサルタントがとことん考え抜く それがアユダンテです
https://ayudante.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした