Help us understand the problem. What is going on with this article?

esri SmartMappingについて

More than 1 year has passed since last update.

SmartMappingとは

紹介ページ(:flag_gb:)
https://www.esri.com/en-us/smart-mapping

Dataを使いやすくアッコよくVisualizeすると共有する。
ArcGIS onlineのLight versionっぽいですが、Stylingも賢く選択される。

本日までの一番使いやすくサービスのcartoDBに近くなりますので、まとめに比較します。

※ esriのdocumentationでも十分ですが、情報をまとめるようにこの記事にしました。

esriのデモ地図

上記のURLでまとめています。デモの中で地図を編集できます。
良い事例をまとめれば:

heatmap

category分類にしたで地図

比例円地図

複数カルムベースで表示

編集機能

ベースマップ

esriベースマップの色々+OSM (customizeではないですが)
変更したら場合によってい既存Layersのスタイルが賢く更新される。
Capture d’écran 2018-07-09 à 17.17.18.png

データを追加

esriのCLoudにあるのデータ、もしくはArcGISアカウントを登録の場合個人データを下記のボタンで追加できる
Capture d’écran 2018-07-09 à 17.29.25.png

レイヤーの編集

比例円地図の地図で人口レイヤーを編集しましょう。

  • 詳細 -> コンテンツ Largest urban areasレイヤー
  • 左から2番目のボタンでデータ向けのテーブルを表示する
  • 左から3番目の円四方三方ボタンでスタイルを編集
  • 左から4番目のボタンでデータをFilterできる

Capture d’écran 2018-07-09 à 17.36.55.png

  • 左から3番目の円四方三方ボタンをクリックしたら、表示むけのカルムや表示かたを選択する。 このロジックで表示を設定するのはSmartMappingの一番良いポイントでGIS Desktopと比べたら全然使いやすくなる。

Capture d’écran 2018-07-09 à 17.41.56.png

  • オプションボタンにクリックして良いシンボルを選択しましょう
    Capture d’écran 2018-07-09 à 17.42.39.png

  • その他の表示設定
    Capture d’écran 2018-07-09 à 17.48.05.png

BEFORE :confused:
image.png

AFTER:grinning:
image.png

  • 他の表示かたを見るために(heatmap, 複数カルムベース)上記の事例に設定してください。
  • Stylingのもっと詳しくするに興味あればこちら(:flag_jp:)です。

共有

共有ボタンでdirect linkもしくはWeb Page内でincorporateする
Capture d’écran 2018-07-09 à 19.04.57.png
image.png

結論

GIS デスクトップはすごく良いですが、機能がものすごく多くてきつい。
みんながMappingができるようにcartoDBができていますが、スタイリングやカスタマイズ限定ありますし、GIS出身の人が少し困る...

esriのSmartMappingはcartoDBと同じく使いやすくUIで、cartoDBよりもGISの雰囲気が残して、ロジックも分かりやすく、SylingをもっとCustomizeできる。

時間帯をできなさそうですが。
(解析機能や速度はまだ調査中)

あと、cartoDBもArcGISも有料で、料金のことは別の話ですが... :yen:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした