Posted at

私が…………プログラミングを………する、あなたは……佐城雪美に………なる


概要

この記事を……見て…………私は………佐城雪美に…なろうと………思った。

オレ プログラム ウゴカス オマエ ゲンシジン ナル

https://qiita.com/Harusugi/items/f499e8707b36d0f570c4


環境

bash on windows

python3

janome


やってること

str型で…………受け取った文を………構文解析して…………文節の……区切りっぽいと ころに………ランダムな数の…中点を…………打つ。

形態素解析エンジンは………今回は……janomeという…………ものを…………使った。


ソース

適当に…importして………使って………。

from janome.tokenizer import Tokenizer

from random import random

def yukimi_say(mystr):
t = Tokenizer()

result = ""

for mytoken in t.tokenize(mystr):
result += mytoken.surface

if mytoken.part_of_speech[0:2]=="助詞" \
or mytoken.part_of_speech[0:2]=="副詞":
num_dots = int(4*random()+1.0)
for i in range(num_dots):
result = result + "…"

return result


感想

やっつけで………作ったから…句読点の…………処理とか…………苦手。

要するに…………文節の…末尾に……中点を………入れたらいいので……もう少し……スマートな方法が……ありそう。

もう…………ちょっと…………ブラッシュアップするつもり。ふふっ。