Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Noby API】ノビィ取り扱い説明書 コマンド機能編【CotoGoto】

こんにちは。この記事は
【Noby API】ノビィ取り扱い説明書【CotoGoto】
【Noby API】ノビィ取り扱い説明書 使い方編【CotoGoto】
の続きの記事になります。

今回はコマンド機能についてを説明していきます。

1. コマンド機能について

コマンド機能は文章中に設定した単語が登場した場合、登録したコマンドIDを返却します。
NOBY_API_取扱い説明書_2019.png

2. コマンド機能を使って言葉とプログラムを連動する

こちらの説明は、使い方編のプログラムの拡張になります。
最初にコマンド機能の設定からコマンドの登録を以下のように登録します。

FireShot Capture 050 - Noby API ・ CotoGoto(コトゴト) - app.cotogoto.ai.png

2-1. プログラムの追加

プログラム以下のfunctionを追加します。

index.html
<script>
function makeSpotsDice(){
    var spotsmax = 6;//最大値
    var spotsmin = 1;//最小値
    var spotsdice = Math.random()*(spotsmax - spotsmin + 1) + spotsmin;
    spotsdice = Math.floor(spotsdice); //少数以下を丸める
    return spotsdice;
}


</script>

2-2. 前回プログラムを修正

前回のプログラムを以下のように修正します。

index.html
<script>
function send() {
    $.get('https://app.cotogoto.ai/webapi/noby.json',
      {
        appkey: 'YOUR_API_KEY',
        text: $('#message').val()
      },
      function(data) {
       console.log(data);
        if ('dice' == data.commandId) {
          $('#reply').html(makeSpotsDice() + 'の目が出たよ。');
        } else {
          $('#reply').html(data.text);
        } 
    );
}
</script>

3. 最後に

チャットをしているときに「サイコロを振って」と会話するとサイコロの目を返してくれると思います。
このように他の機能を作成したいときに参考にしてください。

※ソースについてはGithubに上げてあります。

blue_islands
自分の知りたいをカタチにしたり、自分の欲しいをカタチにするエンジニアマン。自社サービスを作ったり、受託開発をしています。 フルスタックで、自然言語、機械学習、ノビィとか、データ・ドリブンな人です。
https://livlog.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした