Help us understand the problem. What is going on with this article?

なぜ我々はネコに癒しを求めるのだろうか?

この記事は、MAヒーローズ・リーグ Advent Calendar 2019の19日目の記事になります。

はじめに

こんにちは、ひで (@blue_islands)です。
毎年、この時期になるとヒーローたちは燃え尽き、傷つき、灰になる現象の「MAロス」に陥ります。
そんなヒーローたちのために傷のいやし方を毎年模索して、現在に至りますが、今年の傷のいやし方、ネコについて綴っておきます。

ネコと癒し

ネコと癒しの関係を調べているとこんな記事に遭遇しました。

ネコってすごいですね。
癒しどころか、健康、魅力アップなんでもござれのスペシャルな関係がわかります。

ネコの住みやすい場所

そんなネコ達に逢いに行くためにどんなところがネコにとって、住みやすい場所なのかを調べてみました。

路地裏が地元の人にとって過ごしやすいということは、ねこにとっても居心地がよく、人と人、人とねこのコミュニティが作られているのがわかります。

ネコの住みやすい路地裏を機械学習で発見する

では、ネコの住みやすい路地裏はどこに存在するか?
そこを機械学習で特定したいと思います。

キーワードは「路地裏」と「昔ながらの町並み≒ノスタルジー」と定義して、路地裏度ノスタルジー度を算出していきます。

1. 路地裏度

路地裏のデータの土台として、「国土数値情報 道路密度・道路延長メッシュデータ」を利用します。
FireShot Capture 008 - 国土数値情報 道路密度・道路延長メッシュデータの詳細 - nlftp.mlit.go.jp.png

こちらのデータから「幅員3.0m(2.5m)未満」と「幅員未調査」の項目の合計値を対象に抽出して「路地裏度」算出をします。
※ちなみにこちらのデータ加工については割愛しますが、ファイル数とかファイル圧縮とかデータフォーマットとか中々の曲者で、利用する場合は大変な苦労があることをお知らせします。

2. ノスタルジー度

ノスタルジー度の算出には二つのデータを利用しています。

FireShot Capture 009 - API操作説明 | 国土交通省 土地総合情報システム - www.land.mlit.go.jp.png

不動産取引価格情報取得APIを使って、取引情報を取得して、周りの平均築年数を算出する。
人口構成から人口増減を計算して、人口減の地域を特定する。
この二つの値を合算してノスタルジー度とする。
※むつかしい計算とかはあまりしていないのですが、絶対的な道路判定の母数が多いため、実行するとそれなりに時間はかかります。

そして、出来上がった「ネコの住みやすい場所マップ
FireShot Capture 011 - ねこの住みやすい場所 - haoshima.carto.com.png

最後に

細かいことは、ネコの住みやすい場所マップを見ればわかると思いますが、昔栄えていた城下町とか、漁村的な感じのところとか、いい感じの場所が抽出されていますので、こちらのデータを使って作った「ロジねこ」を使ってネコ探しの旅に出かけてみてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away