Edited at

はじめてのGitとGitHub


はじめてのGitとGitHub

久しぶりにgit使ってみたらやり方を完全に忘れていたので, メモっておく.

gitは, ソースコードの変更履歴を管理するツール.

GitHubは, gitと連携してソースを公開できるようにしたWebサービス.

そのようなサービスには, 他にBitbucketがある.

昔使った記憶だと, 無料アカウントではGitHubは全体公開しか選択できなくて, Bitbucketは公開範囲を指定できた気がする.

追記: GitHubも2019/01/07に無料アカウントでPrivate Repositoryに対応した

今回は訳あって, githubで説明する.

(Bitbucketの方が使いやすかった記憶がある)


GitHub

https://github.com/ ここから登録する.

登録後New Repositoryからリポジトリを作成する.

ここまでは, 調べれば出てくる.


Git

gitはcygwinなどでインストールしよう.

ここからが, 少し惑わされた.

github 使い方とかで調べると, 「ディレクトリ作ってgit initする...」などと説明が出てくる.

しかし, 自分の場合はこのまま進めていくと, Errorが出てうまくいかなかった.

(Web上にあるものと, ローカルで作ったものが違ってたりとかややこしい)

既にgithubでリポジトリを作ったなら, git cloneの方が早いので, その方向で進めていく.



  1. git clone URL


    • URLはここから確認できる:
      url.png

    • この操作でWeb上のものと同じものがローカルに複製される




  2. cd リポジトリ名


    • クローンしたリポジトリのディレクトリに入る


    • ls -a.gitがあることを確認しよう

    • これ以降, このディレクトリ内で作業をする




  3. git status


    • 現在のステータスを確認するコマンド




  4. git add ファイル


    • 追加したいファイルを.gitと同じ階層に置いた後に実行

    • この操作で, そのファイルがgitの管理対象に入る

    • 操作を取り消すにはgit rm --cached ファイルgit reset

    • 全ファイルを追加する場合はgit add --all




  5. git commit -m "コメント"


    • 作成したファイルをgitへ保存

    • mオプションでコメントをつけておくとよい

    • ここまでの操作ではまだWeb上のファイルは変わっていない


    • Please tell me who you are.というErrorが出たら, 次を実行してから再チャレンジ


      • git config --global user.email メールアドレス

      • git config --global user.name ユーザ名






  6. git push origin master


    • ローカルの変更をWeb上にコミットしよう

    • ユーザ名とパスワードが聞かれる

    • Web上で変更されたことを確認してみよう



とりあえず, 一旦ここまで.

branchとか他の機能は気が向いたら書きます.