Mac

MacOS diskutilコマンドを使ってGUIのディスクユーティリティでは見えないボリュームを削除する

More than 1 year has passed since last update.

GUIで見えないボリューム

古いMacのHDDを再利用したくてディスクユーティリティで要らないボリュームを削除して1番目のボリュームを拡張しようとした。下図のように「USB Volume1」だけ残した。この容量が200GB。Finderではもちろんこのボリュームしか見えていない。

image.png

ところがボリュームの状態を見ると容量は1TBになっていて、使用済み領域は302.8MBと書かれているのにグラフでは80%くらい使用されている雰囲気。

image.png

diskutil list で調べる

$ diskutil list
...
(略)
...
/dev/disk3 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk3
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk3s1
   2:                  Apple_HFS USB Volume1             200.0 GB   disk3s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             800.0 GB   disk3s3
...
(略)

上のように「Recovery HD」という名前のボリュームが800GB占めていた。このHDDは以前使っていたMacのブートボリュームだったのでもともとこれがあった。それが他のボリュームを削除したりしてるうちに800GB占めるようになっていたらしい。

diskutil eraseVolume で要らないボリュームを削除する

diskutil eraseVolume フォーマット パーティション名 DiskIdentifier
  • フォーマット :削除後のパーティションのフォーマット形式
  • パーティション名 :削除後のパーティションの名前
  • DiskIdentifier :diskutil list で表示されたIDENTIFIER

フォーマットに何を指定するかは次のコマンドで参照

$ diskutil listFilesystems
Formattable file systems

These file system personalities can be used for erasing and partitioning.
When specifying a personality as a parameter to a verb, case is not considered.
Certain common aliases (also case-insensitive) are listed below as well.

-------------------------------------------------------------------------------
PERSONALITY                     USER VISIBLE NAME                               
-------------------------------------------------------------------------------
APFS                            APFS                                            
  (or) APFSI
Case-sensitive APFS             APFS (Case-sensitive)                           
ExFAT                           ExFAT                                           
MS-DOS                          MS-DOS (FAT)                                    
MS-DOS FAT12                    MS-DOS (FAT12)                                  
MS-DOS FAT16                    MS-DOS (FAT16)                                  
MS-DOS FAT32                    MS-DOS (FAT32)                                  
  (or) FAT32
HFS+                            Mac OS Extended                                 
Case-sensitive HFS+             Mac OS Extended (Case-sensitive)                
  (or) HFSX
Case-sensitive Journaled HFS+   Mac OS Extended (Case-sensitive, Journaled)     
  (or) JHFSX
Journaled HFS+                  Mac OS Extended (Journaled)                     
  (or) JHFS+
Free Space                      空き領域                                    
  (or) FREE

参考:ジャーナリングって何?Apple Support:Mac OS X:ファイルシステムのジャーナリングについて 2016/08/25

実行コマンド:

フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」でフォーマットしたいので JHFS+ を指定する。名前は後で統合しちゃうんで適当な名前 BLANK としておいた。

diskutil eraseVolume JHFS+ BLANK disk3s3

Started erase on disk3s3 Recovery HD
Unmounting disk
Erasing
Initialized /dev/rdisk3s3 as a 745 GB case-insensitive HFS Plus volume with a 65536k journal
Mounting disk
Finished erase on disk3s3 BLANK

実行結果:

image.png

/dev/disk3 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk3
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk3s1
   2:                  Apple_HFS USB Volume1             200.0 GB   disk3s2
   3:                  Apple_HFS BLANK                   799.9 GB   disk3s3

要らないボリュームをGUIで削除

後は出来上がったBLANK パーティションをGUI ディスクユーティリティで削除すればOK

BLANK を選択して
image.png

「-」ボタンをクリックして「適用」
image.png

BLANKが消えて、USB Volume1 が1TBに拡張
image.png

以上で終わり