Help us understand the problem. What is going on with this article?

DLしたLaravelの環境構築方法(Linux)

 【前提条件】composerがインストール済み Lamp環境が正常に構築できている。

    githubからDLしたLaravelプロジェクトをとりあえず動かせる
    用にするまでの設定します。 

1、laravelプロジェクトをDLしてみる

ギットハブにアクセスしてとりあえず適当なLaravelのプロジェクトをDLしてみましょう【プロジェクト名testlaravel】
laravel1.png

2、composerをインストールする

DLしたtestlaravelプロジェクトのserveを起動しようとするとこのようなエラーが出てきます。

/var/www/html/testlaravel$ php artisan serve
こんなエラーが出てきます↓
PHP Warning:  require(/var/www/html/testlaravel/vendor/autoload.php): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/html/testlaravel/artisan on line 18

Warning: require(/var/www/html/testlaravel/vendor/autoload.php): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/html/testlaravel/artisan on line 18
PHP Fatal error:  require(): Failed opening required '/var/www/html/testlaravel/vendor/autoload.php' (include_path='.:/usr/share/php') in /var/www/html/testlaravel/artisan on line 18

Fatal error: require(): Failed opening required '/var/www/html/testlaravel/vendor/autoload.php' (include_path='.:/usr/share/php') in /var/www/html/testlaravel/artisan on line 18

Composerが入っていないためLaravelプロジェクトが起動できないのでcomposerをインストールします

/var/www/html/testlaravel# composer install

3、composerのインストールが完了したら

composerのインストールが完了したら早速testlaravelプロジェクトを立ち上げてみましょう

 /var/www/html/testlaravel# php artisan serve

立ち上がることは立ち上がりますが、ここで必ず500サーバーエラーが発生します。
500serve.png

4、.envファイルとAPP_KEYの設定を行う

ここでエラーが発生する要因としてlaravelに.envファイルが作成されていない
APP_keyが作成されていない事が要因でサーバーエラーが発生しています。

まずは.envファイルを作成してみます。コマンドで以下の用に入力します

cp .env.example .env

この段階ではまだenvファイルは作成されてませんのでAPP_KEYの作成をしてみます

php artisan key:generate

vi .envと入力して無事.envファイルが作成されていれば完成です
↓こんな奴です

APP_NAME=
APP_ENV=
APP_KEY=
APP_DEBUG=
APP_URL=

LOG_CHANNEL=

DB_CONNECTION=
DB_HOST=
DB_PORT=
DB_DATABASE=
DB_USERNAME=
DB_PASSWORD=
(以下略)

改めてtestalaravelプロジェクトを立ち上げてみていつものあのページが出てきたら成功です。
thelaravel.png

bigkou
主にLinuxで開発しています。主にPHP&laravelとrubyonrails時々AWSなどを中心に記述します。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away