Androidのタブレットやスマホで利用できるBASICインタープリタを紹介します。

1.BASIC!

BASIC!は米国で開発されているプログラム言語BASICのインタープリタでGoogleプレイストアからダウンロードできます。

BASIC!

1-1.BASIC!の特徴

  • インタープリタなのでAndroidのタブレットやスマホのみでプログラミング、テスト、デバッグ可能。
  • ウィジェットで自作プログラムのアイコンをホーム画面に作成可能。
  • カメラ、GPS、センサー、ダイヤルなどAndroidネイティブの制御可能。

BASIC!の機能(開発元サイトより引用)

About BASIC!

RFO BASIC! is a dialect of Dartmouth Basic that allows you to write and run programs directly on your Android device. 
In addition to the traditional Basic features, your have access to:

  • Graphics (with Multi-touch)
  • HTML and JavaScript available for user interface
  • GPS
  • Device Sensors
  • Music Play
  • Sound Pools
  • Audio Recording
  • Tone Generation
  • Camera
  • Array/List/Stack/Bundle 
  • Internet Browsing
  • Text and Byte file I/O
  • Encryption
  • User defined functions
  • FTP Client
  • TCP/IP Client and Server Sockets
  • Bluetooth
  • Send SMS Messages
  • Send Emails
  • Make a phone call
  • Superuser access 
  • 無料。広告無し。

1-2.BASIC!公式サイト

BASIC!の開発は現在も継続中で最新バージョンは1.90です。
公式フォーラムでは盛んに投稿、議論が行われています。

2.BASIC!関連の海外サイト

BASIC!のプログラムを簡単にAPK化出来るツール等を配布しているサイトがあり利用されています。
※APK化には現状パソコンが必要です。

youtube動画表示エリア

3.BASIC!関連の日本語資料

3-1.BASIC!友の会関連

BASIC!友の会は、日本におけるBASIC!のユーザーコミュニティを目指しています。

b7cd38c60128e7ed.jpeg

youtube動画表示エリア
* BASIC!の紹介動画 その2(初心者向け)

youtube動画表示エリア

  • BASIC!超簡単HTMLモードプログラムの作り方講座(初級者向け)

youtube動画表示エリア

  • HTMLモードプログラムの作り方(中級者向け)

youtube動画表示エリア

3-2.その他の紹介サイト

日経ソフトウェアや月間I/Oなどの紙媒体でも紹介されていますがネット上でBASIC!を紹介しているページはあります。

4.コードの例

BASIC!専用の命令はありますが基本的には一般的なBASICのコードと同じです。

include a-htmlpnl1.bas
include t-htmlpnlem0.bas
include t-htmlpnlem1.bas
include t-htmlpnlem2.bas

console.title "画像エモーション判定"

dim emx$[8]

emx$[1]="怒り"
emx$[2]="軽蔑"
emx$[3]="嫌悪"
emx$[4]="怖れ"
emx$[5]="幸福"
emx$[6]="普通"
emx$[7]="悲み"
emx$[8]="嘆き"

socket.myip ip$
if ip$="" then
   popup "ネットワーク未接続なので終了します。",0,0,1
   pause 4000
   exit
else
   popup "ネットワーク接続済",0,0,1
   pause 4000
endif

rssstp:

clipboard.get clpx$

ansix$=embox0$(clpx$)


if ansix$="//x//" then
   popup "終了します。",0,0,1
   exit
endif

ansiy$=embox1$(clpx$)

if ansiy$="//e//" then
   popup "終了します。",0,0,1
   exit
endif

console.title "画像エモーション判定 データ生成中"

split iya$[],ansiy$,"@x@"
array.length liya,iya$[]

outww$=""

cls

for vv=1 to liya 
   print iya$[vv]
   ww=val(iya$[vv])
   ww=int(ww*10)
      sikaku$=""
      for www=1 to ww
        sikaku$=sikaku$+"■"
      next ww
   outww$=outww$+emx$[vv]+":"+sikaku$+"<BR>"
   outaa$=emx$[vv]+":"+sikaku$
   print outaa$
next vv

array.delete iya$[]

ansiz$=embox2$(clpx$,outww$)

if ansiz$="//x//" then
   popup "終了します。",0,0,1
   exit
endif

if ansiz$="//y//" then
   popup "検索画面を表示します。",0,0,1
   goto rssstp
endif

exit

5.まとめ

  • Androidの端末さえあれば無料。
  • 開発環境はアプリのインストールだけで瞬時に作成。
  • アプリを作って配布も可能。
  • BASICなので超簡単。

ちょっと試してみてはいかがでしょうか。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.