LoginSignup
16
18

More than 3 years have passed since last update.

Docker Composeでネットワークサービス群を5分で作れるようにした(dhcp/radius/proxy/tftp/syslog/dns)

Last updated at Posted at 2020-02-16

はじめに

CentOS7で各種ネットワークサービスを基本設定したメモ(dhcp/radius/proxy/tftp/syslog)
をCentOS8で再構築しました。今回は各サービスをDockerでコンテナに閉じ込めています。

自分で使う用に docker-compose を利用したところ、5分くらいで環境のリストアができるようになったので、記録に残します。

更新

DHCPはIPマスカレード環境でうまく動作しなかったので、network_mode を host に修正しました。
パケット内にIPアドレスが埋め込まれており、単純なNAPTだとコンテナ内のアドレスがDHCPサーバとなってしまうため。

DNS64とDNSキャッシュの機能を持つ(unbound)も追加しました。

なにができるようになるのか

以下のような環境を作成できます。

Screenshot from Gyazo

docker-compose したホストの同一ポートにバインドしますので、外部端末から ホストのアドレス:サービスのポート にアクセスすると、各コンテナに到着します。
また、各種ログを同一ネットワーク上の syslog を待ち受けているコンテナにログを送信するようにしています。

以下のコンテナが生成されます。

server app address listen
proxy squid 172.20.0.2 8080/tcp
syslog rsyslog 172.20.0.3 514/udp
radius freeRADIUS 172.20.0.4 1812,1813/udp
dns unbound 172.20.0.5 53/udp,tcp
dhcp ISC-Kea - 67,68/udp
tftp tftp-server - 69/udp
# docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED              STATUS              PORTS                                    NAMES
3d7fec4d9ffd        infraserv:dns       "/usr/sbin/init"    About a minute ago   Up 58 seconds       0.0.0.0:53->53/tcp, 0.0.0.0:53->53/udp   dns
c34f033b140c        infraserv:radius    "/usr/sbin/init"    About a minute ago   Up 57 seconds       0.0.0.0:1812-1813->1812-1813/udp         radius
eb32cce0d7b9        infraserv:dhcp      "/usr/sbin/init"    About a minute ago   Up 59 seconds                                                dhcp
fedd69042ec3        infraserv:tftp      "/usr/sbin/init"    About a minute ago   Up 59 seconds                                                tftp
3e033a44c162        infraserv:syslog    "/usr/sbin/init"    About a minute ago   Up 58 seconds       0.0.0.0:514->514/udp                     syslog
d2454fc12ae8        infraserv:proxy     "/usr/sbin/init"    About a minute ago   Up 57 seconds       0.0.0.0:8080->8080/tcp                   proxy

以下のパラメータのネットワークが生成されます。

key value
name infraserv_infranet
subnet 172.20.0.0/24
interface docker1

tftp/dhcpは --net=host な環境で動作しているため、 docker network は以下のような状態です。

# docker network inspect infraserv_infranet
[
    {
        "Name": "infraserv_infranet",
        "Id": "58a9c3da443b49416003d4f3ed5192a521c728270826a18da293000ae4b1004e",
        "Created": "2020-02-19T07:00:15.610028349+09:00",
        "Scope": "local",
        "Driver": "bridge",
        "EnableIPv6": false,
        "IPAM": {
            "Driver": "default",
            "Options": null,
            "Config": [
                {
                    "Subnet": "172.20.0.0/24"
                }
            ]
        },
        "Internal": false,
        "Attachable": true,
        "Ingress": false,
        "ConfigFrom": {
            "Network": ""
        },
        "ConfigOnly": false,
        "Containers": {
            "3d7fec4d9ffd315a6fb087b6a7f28453d7009a8eecd60a5110a3f4f7c4e2564c": {
                "Name": "dns",
                "EndpointID": "537b189764340697c9ea4f727211df450226a09a65aa24f20f275f56346d52fc",
                "MacAddress": "02:42:ac:14:00:05",
                "IPv4Address": "172.20.0.5/24",
                "IPv6Address": ""
            },
            "3e033a44c1625b7dd30a8a358f40c96594f462a6714caf39d726d4cb401ffcfd": {
                "Name": "syslog",
                "EndpointID": "3083640a976bd89e33d0f478eef9e6faa468cecccaea23729cf01f1ba24692f3",
                "MacAddress": "02:42:ac:14:00:03",
                "IPv4Address": "172.20.0.3/24",
                "IPv6Address": ""
            },
            "c34f033b140cee61992bbc3f1d9d652155121a27462aa460413b7be646e0ab6e": {
                "Name": "radius",
                "EndpointID": "f3c7bdc9c08fb283681f412996949126fa5f73213f9a265b6371e028efdc0eb1",
                "MacAddress": "02:42:ac:14:00:04",
                "IPv4Address": "172.20.0.4/24",
                "IPv6Address": ""
            },
            "d2454fc12ae861ff3e240ef26c95c55907382465148e1c4b829d48b5af91d60b": {
                "Name": "proxy",
                "EndpointID": "b81e9ea373b2fb7e0a68f1d24534fc6ebb78c01e24e6eb838ecd06127307a202",
                "MacAddress": "02:42:ac:14:00:02",
                "IPv4Address": "172.20.0.2/24",
                "IPv6Address": ""
            }
        },
        "Options": {
            "com.docker.network.bridge.enable_ip_masquerade": "true",
            "com.docker.network.bridge.host_binding_ipv4": "0.0.0.0",
            "com.docker.network.bridge.name": "docker1"
        },
        "Labels": {
            "com.docker.compose.network": "infranet",
            "com.docker.compose.project": "infraserv_new",
            "com.docker.compose.version": "1.25.3"
        }
    }
]

初期設定

後続の手順 で設定ファイルの修正をしない場合は、以下のパラメータで各サービスが動作します。

radius

初期状態では以下の2ユーザとenableパスワードが利用できるようになります。

ユーザ名 パスワード 備考
foo bar 通常ユーザでのログイン
hoge fuga Cisco機器にログインすると自動で特権に昇格
\$enab15\$ fuga Cisco機器のenableコマンドで遷移する際のパスワード

MACアドレスバイパスでは、以下のMACアドレスの場合に、ダイナミックVLAN用のアトリビュートを付与してAcceptされます。

MACアドレス VLAN文字列
112233445566 default_seg
aabbccddeeff default_seg

DHCP

リース情報

項目
リース時間 10時間
DNSサーバ 8.8.8.8

リース対象セグメント

セグメント レンジ GW
10.1.20.0/24 10.1.20.33 - 10.1.20.62 10.1.20.1
10.1.22.0/24 10.1.22.33 - 10.1.20.230 10.1.22.1

Option43によりアクセスポイントに送付するコントローラアドレス

対象 VCI文字列 コントローラアドレス
Cisco Cisco AP 10.254.10.201,10.254.10.202
Aruba ArubaAP 10.254.10.206

リクエストを受け付けるIFを設定ファイル kea-dhcp4.conf に記載するのですが、デフォルトで ens192 としています。
IFの表記が異なる場合には、設定ファイルの修正が必要です。

事前準備

CentOS と Docker と Docker Compose があれば、ここの手順はスキップで 作業内容 から始めてください。

CentOS8(10分)

CentOS8は最小構成で問題ありません。
もし手元になければ、 ESXi6.7にCentOS8を最小構成で構築 を参照してください。

Docker(5分)

dnf -y update
dnf config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo
dnf -y --nobest install docker-ce docker-ce-cli containerd.io
dnf -y update https://download.docker.com/linux/centos/7/x86_64/stable/Packages/containerd.io-1.2.10-3.2.el7.x86_64.rpm
dnf -y update
systemctl enable docker
systemctl start docker

Docker Compose(1分)

curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.25.3/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

作業内容

firewall のポリシー追加(10秒)

firewall-cmd --add-service=dns   --zone=public --permanent
firewall-cmd --add-service=tftp   --zone=public --permanent
firewall-cmd --add-masquerade   --zone=public --permanent
firewall-cmd --reload

各サービスのDockerコンテナをつくる(5分)

各サービスのDockerfileと設定ファイル、それらをまとめる docker-compose.yml は GitHub にあるものを使います。

git clone https://github.com/bashaway/infraserv

デフォルトの設定から変更する場合は、以下のエントリなどを参照してください。
設定ファイルの修正なしでもビルドには影響ありません。
ビルド後に修正しても大丈夫ですし。

DHCP
DockerでKea DHCPを構築。CiscoとArubaに同時にOption43が渡せるようになった。

RADIUS
DockerのFreeRADIUSでCiscoのログイン認証+MAC認証+ダイナミックVLANした(CentOS8)

Proxy
Dockerでproxyサーバ

TFTP
Dockerでtftpサーバ

Syslog
Dockerのrsyslogでコンテナ間や他サーバから転送されるログを集約した

設定ファイルの修正が終わったら、コンテナをつくります。

cd infraserv
docker-compose build
docker-compose up -d

いらなくなったら

コンテナ削除
docker-compose stop
docker-compose rm -f

イメージもいらなければ
docker-compose rmi -f

中身の解説

docker-compose.yml

docker-compose.yml は、以下のように構成されています。

docker-compose.yml
version: '3'

services:

  proxy:
    build: ./proxy
    image: infraserv:proxy
    container_name: proxy
    hostname: proxy
    restart: always
    networks:
      infranet:
        ipv4_address: 172.20.0.2
    ports:
      - 8080:8080
    cap_add:
      - SYS_ADMIN
    security_opt:
      - seccomp:unconfined
    volumes:
      - /sys/fs/cgroup:/sys/fs/cgroup:ro
    environment:
      TZ: 'Asia/Tokyo'

  syslog:
    build: ./syslog
    image: infraserv:syslog
    container_name: syslog
    hostname: syslog
    restart: always
    networks:
      infranet:
        ipv4_address: 172.20.0.3
    ports:
      - 514:514/udp
    cap_add:
      - SYS_ADMIN
    security_opt:
      - seccomp:unconfined
    volumes:
      - /sys/fs/cgroup:/sys/fs/cgroup:ro
    environment:
      TZ: 'Asia/Tokyo'

  radius:
    build: ./radius
    image: infraserv:radius
    container_name: radius
    hostname: radius
    restart: always
    networks:
      infranet:
        ipv4_address: 172.20.0.4
    ports:
      - 1812:1812/udp
    cap_add:
      - SYS_ADMIN
    security_opt:
      - seccomp:unconfined
    volumes:
      - /sys/fs/cgroup:/sys/fs/cgroup:ro
    environment:
      TZ: 'Asia/Tokyo'

  dns:
    build: ./dns
    image: infraserv:dns
    container_name: dns
    hostname: dns
    restart: always
    networks:
      infranet:
        ipv4_address: 172.20.0.5
    ports:
      - 53:53/udp
      - 53:53/tcp
    cap_add:
      - SYS_ADMIN
    security_opt:
      - seccomp:unconfined
    volumes:
      - /sys/fs/cgroup:/sys/fs/cgroup:ro
    environment:
      TZ: 'Asia/Tokyo'

  tftp:
    build: ./tftp
    image: infraserv:tftp
    container_name: tftp
    hostname: tftp
    restart: always
    network_mode: host
    cap_add:
      - SYS_ADMIN
    security_opt:
      - seccomp:unconfined
    volumes:
      - /sys/fs/cgroup:/sys/fs/cgroup:ro
    environment:
      TZ: 'Asia/Tokyo'

  dhcp:
    build: ./dhcp
    image: infraserv:dhcp
    container_name: dhcp
    hostname: dhcp
    restart: always
    network_mode: host
    cap_add:
      - SYS_ADMIN
    security_opt:
      - seccomp:unconfined
    volumes:
      - /sys/fs/cgroup:/sys/fs/cgroup:ro
    environment:
      TZ: 'Asia/Tokyo'

networks:
  infranet:
    driver: bridge
    driver_opts:
      com.docker.network.bridge.enable_ip_masquerade: "true"
      com.docker.network.bridge.host_binding_ipv4: "0.0.0.0"
      com.docker.network.bridge.name: "docker1"
    ipam:
      config:
        - subnet: 172.20.0.0/24

さいごに

Dockerでコンテナにしておくと、ホスト機が汚れなくて気持ちいい

出典

16
18
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
16
18