Edited at

QiitaのMarkdownでTex数式を書くときは半角円記号でなくバックスラッシュを使う

More than 1 year has passed since last update.

Qiitaで記事書くときに、Texで数式書けるとのことなので、試してみたときにちょっとはまったことをメモします。

Markdown記法 チートシートQiitaの数式チートシートを見ると、Tex記法でQiita上に美しく数式を記述できるとあります。

早速試してみようと、分数の引き算の数式を書いてみるわけですが、以下のようにうまくいきません。

記述内容


```math

¥frac{1}{2} - ¥frac{1}{3} = ¥frac{1}{6}

```


結果

¥frac{1}{2} - ¥frac{1}{3} = ¥frac{1}{6}

全然美しくない。。。分数表記にならない。。。なぜだ!?

で、いろいろ悩んだり試したりしたんですが、結論を言うと、バックスラッシュ「\」を書くべきところでは、半角円記号「¥」ではだめで、本当にバックスラッシュ記号を書く必要がありました。

記述内容


```math

\frac{1}{2} - \frac{1}{3} = \frac{1}{6}

```


結果

\frac{1}{2} - \frac{1}{3} = \frac{1}{6}

日本語環境のキーボードではバックスラッシュが直接入力できず、すべて半角円記号になるので、これは罠ですね。


とりあえず、原稿を書くときは半角円記号で書いておいて、あとでまとめて置換するしかないでしょうか。うーむ、手間がかかる。


追記

alt/optionキーを押しながら円記号キーを押すことで、バックスラッシュが直接入力可能でした。

PlanetMeronさん、情報提供ありがとうございました!