Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS エンタープライズサポート費用の計算

More than 1 year has passed since last update.

投稿内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

自分用メモ

AWSエンタープライズサポートの考え方
エンタープライズサポートは、最小15,000 USD(約150万)となるが、一括請求しているAWSアカウントでエンタープライズサポート契約となっているものをまとめて計算することができる。つまり、2つエンタープライズサポート契約のAWSアカウントがある場合、一括請求した場合は、2つの合計の月額使用量に対してサポート費用が一度請求される。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awsaccountbilling/latest/aboutv2/consolidatedbilling-support.html

ビジネスサポートを比較してエンタープライズサポートを選択頂いたほうがサポート費用が抑えられる場合がある。

https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/pricing/

ビジネス
いずれか大きい方
100 USD または
- 以下の計算結果 -
月額 AWS 使用料のうち最初の0 – 10,000 USD の10%
月額 AWS 使用料のうち10,000 – 80,000 USD に対しては 7%
月額 AWS 使用料のうち80,000 – 250,000 USD に対しては5%
月額 AWS 使用料のうち250,000 USD を超える分に対しては3%

エンタープライズ
いずれか大きい方
15,000 USD または
- 以下の計算結果 -
月額 AWS 使用料のうち最初の 0~150,000 USD の 10%
月額 AWS 使用料のうち150,000~500,000 USD に対しては 7%
月額 AWS 使用料のうち 500,000~1,000,000 USD に対しては 5%
月額使用料のうち 1,000,000 USD を超える分に対しては 3%

月額使用料が、10K USD の場合の例

ビジネスの場合、「月額 AWS 使用料のうち最初の0 – 10,000 USD の10%」に該当するのでサポート費用は、1K USD
一括請求していて、すでに月額使用料が150K USDを超えている状況でだと「月額 AWS 使用料のうち150,000~500,000 USD に対しては 7%」が該当するのでサポート費用は、0.7K USD加算される計算となる。
上記の場合、エンタープライズサポートで契約した方がサポート費用が低くなる。

atsumjp
Cloud Consultant, Google Cloud Professional Services. All views and opinions are my own. GCPサービスについて試してみた内容について書いていきたいと思います。 GCP<-AWS<-NetApp<-SES
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした