Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vagrantに構築した環境へPHPStorm + Xdebug でデバッグする

More than 1 year has passed since last update.

できそうでできなくて苦労したのでメモ。

環境

PHP:7.0.9
Xdebug:2.4.1
PHPStorm:2016.2.2

前提

Vagrantの仮想環境にApache、PHP、Xdebugはインストール済み

Vagrant(の仮想環境)

CentOSで試しましたが、特にOS依存はないです、たぶん。

php.ini

Xdebug用の設定値を追記します。他にも設定値がありますが、とりあえず動けばいいや的な。
[xdebug]
zend_extension=/opt/remi/php70/root/usr/lib64/php/modules/xdebug.so ; Xdebugモジュールのパス
xdebug.remote_enable=On
xdebug.remote_autostart=On
xdebug.remote_host=192.168.33.1 ;デバッグ接続するPCのIPアドレス
xdebug.remote_port=9000
xdebug.idekey="PHPSTORM"
; PHPStormとのセッションクッキー名

PHPStrom側の設定

こっちの設定がけっこう手こずりました。
PHPStorm -> Preferences から設定します。

Languages & Frameworks > Debug
  • Debug Port
    デフォルト9000番でよいです。php.iniのxdebug.remote_portと合わせる必要があります 001.jpg
Languages & Frameworks > Servers

「+」からサーバを追加します。

  • Name
    適当でよいです
  • Host
    デバッグ対象のURL
  • Absolute path on the server
    Vagrant上のプロジェクトのパスを選びます。デフォルトは空欄なので、セレクトボックスから絶対パスを選択します スクリーンショット_2017-03-04_13_31_02.jpg
メニューのRun > Edit Configurations

左上の「+」から、「PHP Remote Debug」を選択し、設定を追加します

  • Name

    適当でよいです

  • Servers

    さっき作成したサーバ情報を選択します

  • ide key

    "PHPSTORM"を指定します

スクリーンショット_2017-03-04_13_45_50.jpg

デバッグ

スクリーンショット_2017-03-04_14_21_43.jpg
右上の電話の受話器マークを有効にして(緑っぽくする)URLにアクセスすると、ブレークポイントでめでたく停止。
こちらからは以上です

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした