GoogleDrive

Google Drive に保存した画像を直接呼び出せるURLの取得

概要

個人的にパソコン内がすぐごちゃごちゃになるタイプなので、
その時しか使わないような、WEBスクリーンショットなどは、一時的にでもローカルに落としたくない。

個人的によく使うスクショ拡張機能などは、直接Google Driveにデータを渡せるものも多い。
なので、直接呼び出せると個人的には非常に便利だ。

GitHub や Qiita に手軽に画像を載せたい時にも Google Drive を利用できる。
* GitHubには画像アップロード機能が有りますので、Markdown入力欄に画像ファイルをドロップすれば、
アップロード&貼り付け出来ます。

活用シーンはいろいろあると思いますので、覚えておいて損はない。

方法

そのままだと、URLはこのようになっています。

https://drive.google.com/open?id={ID}
https://drive.google.com/file/d/{ID}/view?usp=sharing
# {ID} 部分にはファイル個別の文字列が入る

これでは、imgタグなどで表示されません。
しかし、以下のように書き換えると表示されます。

http://drive.google.com/uc?export=view&id={ID}

参考

Google Driveに入れた画像を直接表示するパスを取得する

さいごに

最後までお読み頂き有難うございました。
間違いや改善点などございましたら、遠慮無くご指摘頂けましたら幸いです。
ご質問やそれ以外のコメントも歓迎です。