CentOS
AWS
AmazonLinux
CentOS6.x
centos7

EC2 拡張ネットワーキング 有効化手順

EC2 拡張ネットワーキング 有効化手順

ちゃんとした情報は公式をみよう。

インスタンスタイプに応じて、ixgbevf ドライバ、もしくは amzn-drivers を利用出来る状態に設定し、AMIもしくはインスタンスに利用可能とフラグ付けを行う事によって拡張ネットワーキングが利用可能となる。

インスタンスタイプ ドライバ
c3/c4/d2/i2/r3/m4(16xlarge以外) ixgbevf
c5/f1/g3/h1/i3/m5/p2/p3/r4/x1/m4.16xlarge amzn-drivers

確認事項

Amazon Linuxの場合

通常、対応するためのカーネルモジュールがインストールされている為、作業は不要。

CentOS 6の場合

カーネルモジュールの更新が必要。

CentOS 7の場合

少なくとも 7.4.1708 以降ではカーネルモジュールがインストールされている為、作業は不要。

モジュールの確認

ixgbevfena のカーネルモジュールの状態を確認し、バージョン情報を確認する。
ixgbevf は特定のバージョン以下の場合はカーネルモジュールの更新が必要となる。

対応バージョン

ドライバ 必要バージョン
ixgbevf 2.14.2 以降
ena インストールされている事
$ modinfo ixgbevf
filename:       /lib/modules/3.10.0-693.11.6.el7.x86_64/kernel/drivers/net/ethernet/intel/ixgbevf/ixgbevf.ko.xz
version:        3.2.2-k-rh7.4
license:        GPL
description:    Intel(R) 10 Gigabit Virtual Function Network Driver
author:         Intel Corporation, <linux.nics@intel.com>
rhelversion:    7.4
srcversion:     45F26A06C9B8C3202EA1ADC
alias:          pci:v00008086d000015C5sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d000015A9sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d000015A8sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d00001564sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d00001565sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d00001530sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d00001515sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d0000152Esv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00008086d000010EDsv*sd*bc*sc*i*
depends:
intree:         Y
vermagic:       3.10.0-693.11.6.el7.x86_64 SMP mod_unload modversions
signer:         CentOS Linux kernel signing key
sig_key:        2C:BC:98:70:54:63:43:CA:3A:E1:20:C2:BC:EB:98:44:01:95:59:62
sig_hashalgo:   sha256
parm:           debug:Debug level (0=none,...,16=all) (int)
$ modinfo ena
filename:       /lib/modules/3.10.0-693.11.6.el7.x86_64/kernel/drivers/net/ethernet/amazon/ena/ena.ko.xz
version:        1.0.2
license:        GPL
description:    Elastic Network Adapter (ENA)
author:         Amazon.com, Inc. or its affiliates
rhelversion:    7.4
srcversion:     3A6B9F1766C9A0B5CBC7D01
alias:          pci:v00001D0Fd0000EC21sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00001D0Fd0000EC20sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00001D0Fd00001EC2sv*sd*bc*sc*i*
alias:          pci:v00001D0Fd00000EC2sv*sd*bc*sc*i*
depends:
intree:         Y
vermagic:       3.10.0-693.11.6.el7.x86_64 SMP mod_unload modversions
signer:         CentOS Linux kernel signing key
sig_key:        2C:BC:98:70:54:63:43:CA:3A:E1:20:C2:BC:EB:98:44:01:95:59:62
sig_hashalgo:   sha256
parm:           debug:Debug level (0=none,...,16=all) (int)

使用中のドライバ確認

利用可能なインスタンスタイプで起動している場合に、使用中のドライバを確認し、ixgbevf もしくは ena が使用されている事を確認する。
使用されていない場合(driverが vif となっている)は拡張ネットワーキングが有効になっていないので確認が必要。

無効時の例

$ ethtool -i eth0
driver: vif
version:
firmware-version:
bus-info: vif-0
supports-statistics: no
supports-test: no
supports-eeprom-access: no
supports-register-dump: no
supports-priv-flags: no

ixgbevfが有効時の例

$ ethtool -i eth0
driver: ixgbevf
version: 3.2.2-k-rh7.4
firmware-version:
expansion-rom-version:
bus-info: 0000:00:03.0
supports-statistics: yes
supports-test: yes
supports-eeprom-access: no
supports-register-dump: yes
supports-priv-flags: no

カーネルモジュールのインストール

事前準備

kernel kernel-headers kernel-develのバージョンを合わせる必要がある。

最新のkernelにアップデートする事を推奨しますが、旧カーネルの場合は kernel-headerskernel-devel をバージョン指定してインストールを行う事により対応が可能となる。

CentOS 6の中でも最新マイナーバージョン以下を利用する際はyumリポジトリが既にミラーから削除されている為、vault.centos.orgのリポジトリを利用する様に修正が必要となる。

# cat /etc/centos-release
CentOS release 6.2 (Final)

# sed -i.bak -E 's/^mirrorlist=/#mirrorlist=/' /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
# sed -i -E 's@^#?baseurl=http://mirror.centos.org/centos/\$releasever/@baseurl=http://vault.centos.org/6.2/@' /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

CentOSのバージョンに合わせてsedの 6.2 となっている部分を修正する。

また、dkms によるカーネルアップデート時の自動コンパイル設定を行う事を推奨するため、epel リポジトリを有効化する。

準備

epelが設定されていない場合

# yum install -y epel-release
# sed -i -E 's/^enabled=1$/enabled=0/' /etc/yum.repos.d/epel*

各種パッケージのインストール

先にkernel-headersとkernel-develをインストールしておく。
また、ビルド時にperlが要求される場合があるので合わせてインストールする。

# yum install -y kernel-headers-$(uname -r) kernel-devel-$(uname -r) perl

既にkernel-headersがインストールされており、かつkernelよりバージョンが新しいものとなっている場合はダウングレードを行う。

# yum downgrade kernel-headers-$(uname -r)

dkmsはEPELからインストールを行う。

# yum --enablerepo=epel install -y dkms

ixgbevf のインストール

VER_IXGBEVF=4.3.3

curl -L -o "ixgbevf-${VER_IXGBEVF}.tar.gz" "https://downloads.sourceforge.net/project/e1000/ixgbevf%20stable/${VER_IXGBEVF}/ixgbevf-${VER_IXGBEVF}.tar.gz?r=https%3A%2F%2Fsourceforge.net%2Fprojects%2Fe1000%2Ffiles%2Fixgbevf%2520stable%2F${VER_IXGBEVF}%2Fixgbevf-${VER_IXGBEVF}.tar.gz%2Fdownload%3Fuse_mirror%3Djaist&ts=`date +%s`"
tar -xzvf ixgbevf-${VER_IXGBEVF}.tar.gz
rm -f ixgbevf-${VER_IXGBEVF}.tar.gz
mv ixgbevf-${VER_IXGBEVF} /usr/src/

echo 'PACKAGE_NAME="ixgbevf"
PACKAGE_VERSION="'${VER_IXGBEVF}'"
CLEAN="cd src/; make clean"
MAKE="cd src/; make BUILD_KERNEL=\${kernelver}"
BUILT_MODULE_LOCATION[0]="src/"
BUILT_MODULE_NAME[0]="ixgbevf"
DEST_MODULE_LOCATION[0]="/updates"
DEST_MODULE_NAME[0]="ixgbevf"
AUTOINSTALL="yes"' | tee /usr/src/ixgbevf-${VER_IXGBEVF}/dkms.conf

dkms add -m ixgbevf -v ${VER_IXGBEVF}
dkms build -m ixgbevf -v ${VER_IXGBEVF}
dkms install -m ixgbevf -v ${VER_IXGBEVF}

amzn-drivers (ena) のインストール

VER_AMZN_DRIVERS=1.5.0

curl -L -o "ena_linux_${VER_AMZN_DRIVERS}.tar.gz" "https://github.com/amzn/amzn-drivers/archive/ena_linux_${VER_AMZN_DRIVERS}.tar.gz"
tar -xzvf ena_linux_${VER_AMZN_DRIVERS}.tar.gz
rm -f ena_linux_${VER_AMZN_DRIVERS}.tar.gz
mv amzn-drivers-ena_linux_${VER_AMZN_DRIVERS} amzn-drivers-${VER_AMZN_DRIVERS}
mv amzn-drivers-${VER_AMZN_DRIVERS} /usr/src/

echo 'PACKAGE_NAME="ena"
PACKAGE_VERSION="'${VER_AMZN_DRIVERS}'"
CLEAN="make -C kernel/linux/ena clean"
MAKE="make -C kernel/linux/ena/ BUILD_KERNEL=\${kernelver}"
BUILT_MODULE_LOCATION[0]="kernel/linux/ena"
BUILT_MODULE_NAME[0]="ena"
DEST_MODULE_LOCATION[0]="/updates"
DEST_MODULE_NAME[0]="ena"
AUTOINSTALL="yes"' | tee /usr/src/amzn-drivers-${VER_AMZN_DRIVERS}/dkms.conf

dkms add -m amzn-drivers -v ${VER_AMZN_DRIVERS}
dkms build -m amzn-drivers -v ${VER_AMZN_DRIVERS}
dkms install -m amzn-drivers -v ${VER_AMZN_DRIVERS}

カーネルモジュールの有効化

depmod
cp /boot/initramfs-$(uname -r).img /boot/initramfs-$(uname -r).img.bak
dracut -f

この後、インスタンスを停止する。

拡張ネットワーキングの有効化

属性確認

インスタンスに属性が付与されているかを確認する。
属性が付与されていない場合は無効化されている状態のため、設定を行う。

これらはコンソール上では現れない情報の為、CLIにて作業を行う。

SriovNetSupport の確認

# aws ec2 describe-instance-attribute --attribute sriovNetSupport --region ap-northeast-1 --instance-id <インスタンスID>
{
    "InstanceId": "<インスタンスID>",
    "SriovNetSupport": {}
}

SriovNetSupportが空の場合は無効な為、有効化する必要がある。

EnaSupport の確認

# aws ec2 describe-instances --query 'Reservations[].Instances[].EnaSupport' --region ap-northeast-1 --instance-ids <インスタンスID>
[
]

EnaSupportが空の場合は無効な為、有効化する必要がある。

SriovNetSupport の設定

# aws ec2 modify-instance-attribute --sriov-net-support simple --region ap-northeast-1 --instance-id <インスタンスID>

# aws ec2 describe-instance-attribute --attribute sriovNetSupport --region ap-northeast-1 --instance-id <インスタンスID>
{
    "InstanceId": "<インスタンスID>",
    "SriovNetSupport": {
        "Value": "simple"
    }
}

EnaSupport の有効化

# aws ec2 modify-instance-attribute --ena-support --region ap-northeast-1 --instance-id <インスタンスID>

# aws ec2 describe-instances --query 'Reservations[].Instances[].EnaSupport' --region ap-northeast-1 --instance-ids <インスタンスID>
[
    true
]

属性の設定後、インスタンスを対応タイプで起動し、ethtool -i eth0 で確認する。