Help us understand the problem. What is going on with this article?

iPhone6/6 Plusも発売された今!アプリ開発のUI/UX戦国時代を勝ち抜くカイゼンのための便利サービスの紹介

More than 5 years have passed since last update.

by @mixiappwchr

placeit.jpg

アプリ開発においてUI/UXは最重要の課題といえます。

よりアプリに没頭してもらう、提供した機能を意図通り、効率よく使ってもらうには、細やかな設計が必要になります。

ただし、予想に反して

ユーザーは思いもよらない使い方をしてくれる

自分たちでも気づかなかった阻害要因により思った通りに使ってもらえなかった

などなど、開発時には気づかない点が多く発生します。

今後、iPhone6/6 Plusも発売になり、デバイスサイズが複数になることにより、ユーザーの使い方はより複雑になり、UI/UXの検討がさらに困難になることでしょう。

そういうときは、ユーザービリティのテストを行い、こちらの意図通りに使ってもらえているかの確認をすればよいのですが、、、なかなかテスターのリルーティング、テストの準備、金銭的な問題により難しかったりします。

今回はそのような分析を行いたい場合に非常に助けになるサービスをご紹介します

ユーザーの行動から使用中の表情まで!すべて動画で簡単に記録できるサービス Repro

_400スクリーンショット 2014-09-19 9.03.58.png

Repro

https://repro.io/

通常ユーザービリティテストをおこなうとなると、

  • テスターを探してくる
  • ユーザーにさわって、実際の操作をみる為に、機材を用意する

などなど、いろいろと面倒な点が発生します。

こちらのサービスはSDKを導入するだけで,リモートでユーザー行動を動画で記録してアップロードしてくれるため、手間がかかる点を一気に解消してくれます。

機能

ユーザーの操作を動画で保存してアップロードすることにより、リモートから実際にユーザー行動分析を行うことが可能。

動画は実際のアプリの画面できちんと保存され、また、ユーザーの表情、音声なども記録可能なため、手に取るように操作状況やユーザーの感情、思っていることを記録可能です。

イベントも定量分析が可能なため、定性・定量の両面からグロースハックが可能

定性的な分析に加え、定量分析のデータも保存できるため、セットでの分析を行えます。

クラッシュに至るまで動画付きのレポートがあるので、再現確認などを飛躍的にやりやすくします。

クラッシュレポートサービスは皆さん使っているかと思いますが、結局ログみてもどうやったらこのクラッシュ再現できるの!?
といった場合でも実際の操作が記録されているため再現がしやすいかと思います。

サーベイ機能もあり、ユーザーへのアンケートによるデータ収集も可能

さらに深堀したい場合に簡単にサーベイも可能です

同様のサービスがいくらかある中で

  • セキュリティ、プライバシー面の細やかな配慮もされている
  • 同様のサービスの中ではパフォーマンスは最高レベル

といった点がおすすめポイントです。

_600スクリーンショット 2014-09-19 9.25.47.png

インストール

Cocoapodsでの配布がされているため、一発でインストールが可能です。導入も簡単

pod "Repro"

よりユーザーを知ることによりヒットサービスをどんどん生み出していきましょう!

現在β提供中は無料なので使ってみてはいかがでしょうか?

Repro

https://repro.io/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした