Help us understand the problem. What is going on with this article?

werckerで途中の状態をDocker Hubにpushする

More than 1 year has passed since last update.

TLDR

werckerのパイプラインはDockerコンテナ内で実行される。wercker.ymlinternal/docker-pushというステップを組み込むと、その時点のコンテナの状態をDockerイメージ化し、Docker Hubにpushすることができる。これを使うとパイプラインがうまく動かないとき問題調査に役立つかもしれない(実際に調査に使ったことはまだないので)。

wercker.ymlにinternal/docker-pushを追加

    steps:
        # (中略)
        - internal/docker-push:
            username: $DOCKERHUB_USERNAME
            password: $DOCKERHUB_PASSWORD
            repository: myname/repo_name

$DOCKERHUB_USERNAME, $DOCKERHUB_PASSWORD は環境変数で指定しておく。

以上を記述してパイプラインを実行すると、Docker Hubにイメージがpushされる。

Docker Hubにpushされたイメージを実行

ローカルにて

$ docker run -it --rm myname/repo_name /bin/bash

Dockerコンテナ内にて

root@5a8e4cdd3366:/# cd /pipeline/
root@5a8e4cdd3366:/pipeline# ls -l
total 24
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Feb 17 01:01 cache
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Feb 17 01:01 output
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Feb 17 01:01 script-9154b912-8d10-4d94-804a-18ab5832c388
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Feb 17 01:01 script-d3b86d33-24a1-4cfd-8a44-f3c60022eb17
drwxr-xr-x 3 root root 4096 Feb 17 01:01 source
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Feb 17 01:01 wercker-init-f0f3b304-4197-4328-9524-348011fce6fb

こんな感じで/pipelineに各種ファイルが保存されているので、ここを調べれば良い。

aosho235
1981年生まれ。駅すぱあとの会社で新規サービスを開発しています。好きなものはOS~ミドルウェアのレイヤー、開発を楽にするためのツールやフレームワークの整備、自分自身が便利だと思うものを作ること。最新技術を追うことより、自分が自信を持って使える技術で効率的に開発することを好みます。
https://aosho235.com/
val
経路検索システム「駅すぱあと」をはじめ、全国のデータと高い信頼性をベースにさまざまなサービスを展開。
https://www.val.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away