Excel
VBA
redash

Redashの結果をそのままExcelに流し込むVBA

More than 1 year has passed since last update.


これはなに?

Redashは便利なんですが、どうしてもExcelで加工したいなどのニーズはまだまだ残っていると思います。

以前、いちいちRedashからデータをコピペしなくて済む方法を記事にしましたが、その方法では50シート目あたりから辛くなってきてメモリ不足で落ちるようになりました。

参考:

Redashのデータを毎日エクセルへコピペしている人へささげる -APIを利用した自動更新方法-

http://qiita.com/aomegane/items/63f0a5086fd045ee0067

ということで、もうVBAを書くしかない!ということでVBAを書いてみました。


ソースコード


設計


  1. 同名の

  2. RedashのAPIを叩き、CSVを取得する

  3. CSVをパースしてシートに書き込む

ということをしています。


コード

Sub Main()

'RedashAPIを使用するための変数
Const ApiToken = "YOUR-API-KEY"
Dim Url As String

'取り込むRedashのQueryIdを定義する
TargetQueryIds = Array("939", "1434", "879", "806", "1042", "1337", "876", "895", "897", "1338", "1339", "833", "885", "835", "1568", "1002", "1408")

'Queryごとにループを回す
For Each tqid In TargetQueryIds
Url = "https://YOUR-REDASH-URL/api/queries/" + tqid + "/results.csv?api_key=" + ApiToken

'Redash のAPIを叩き 結果をCSVとして取得する
Dim ResultCsv As String
ResultCsv = GetContents(Url)

'同名称のシートがあれば削除し、新しいシートにデータを保存する
MakeRefreshedSheet (tqid)
CsvToSheet (ResultCsv)
Next
End Sub

'ReadshのAPIを叩いてCSVで返す
Function GetContents(Url As String) As String
Dim XmlHttp As Object
Set XmlHttp = CreateObject("MSXML2.XMLHTTP")
XmlHttp.Open "GET", Url, False
XmlHttp.Send
GetContents = XmlHttp.ResponseText
End Function

'CSVをシートに書き込む
Function CsvToSheet(ResultCsv As String)
StringLines = Split(ResultCsv, vbCrLf) '改行コードでSplitして行に分割する
i = 0
For Each sl In StringLines '1行ずつ処理
CellValues = Split(sl, ",")
j = 0
For Each c In CellValues '1列ずつ処理
Cells(i + 1, j + 1).Value = c
j = j + 1
Next
i = i + 1
Next
End Function

'同名のシートがあれば削除し、新規のシートをつくる
Function MakeRefreshedSheet(sname As String)
If ExistsWorksheet(sname) Then
Application.DisplayAlerts = False
Worksheets(sname).Delete
Application.DisplayAlerts = True
End If
Set wSheet = Worksheets.Add
wSheet.name = sname
End Function

'ワークシートの存在チェックを返す
Function ExistsWorksheet(sname As String)
Dim ws As Worksheet
For Each ws In Sheets
If ws.name = sname Then '存在する => True
ExistsWorksheet = True
Exit Function
End If
Next
ExistsWorksheet = False '存在しない => False
End Function


ハマりどころ

RedashのjsonAPIは列の並び順が画面と異なる

なので今回はCSVを返すAPIを利用することにしました


画面

image.png