Posted at

GitHub issue管理サービスの比較

More than 3 years have passed since last update.

基本的な機能はみんなほぼ同じ。

GitHubのissueをかんばんボードとして表示してくれるサービス。


ZenHub.io

特徴


  • GitHubサイトに拡張機能として埋め込まれるのでGitHubとの統一感がある

  • FileUpload機能を強化してくれる

  • +1ボタンが設置可能になる

価格


  • 個人/非商用/OSSは無料

  • Organizations単位での課金

  • 1-5users : $25/month

  • 6+users : $5/user/month

  • 26+users : $3.75/user/month


Codetree

特徴


  • この中で一番後発のサービス

  • 複数リポジトリのissueをまとめて表示できる

  • 専用のシンプルなビュー

  • OrganizationsやProjectは独自に作成して、GitHubのリポジトリを紐付けるような使い方

価格


  • 3users, 15projects : $24/month

  • 8users, 40projects : $49/month

  • 20users, 100projects : $99/month

  • 50users, 250projects : $199/month


HuBoard

特徴


  • フィルター機能が豊富

  • Gitter/Slack/HipChat/Webhook連携が可能

  • 専用のビュー

価格


  • Organization課金 : $24/month

  • User課金 : $7/month


Waffle.io

特徴


  • とにかくシンプル

  • 他のサービスに比べると機能は少ない

価格


  • Privateリポジトリのみ課金 : $7/user/month

  • ただし今は上記も無料期間らしい


まとめ

価格重視なら、Waffle > HuBoard > ZenHub > Codetree という感じ。

触ってみた感触としては、エンジニア寄りな人ならZenHubがいいと思う。GitHubに溶け込んでる感が素晴らしい。

逆に非エンジニアの人はCodetreeのUIが使い易く感じると思った。ただ使うツールが増える感が否めない。それはそれでGitHubを使ってる感じを出さないので、メリットにもなるかもしれないけど。