Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 2 + ELECOM WDC-150SU2M

More than 3 years have passed since last update.

Raspberry Pi 2 で ELECOM WDC-150SU2M を認識させる方法です。

Raspberry Pi で WDC-150SU2M を認識させるのは面倒で、その方法として http://qiita.com/kompiro/items/da6ae0ca16a7705f21a0 があるのですが、これでは認識してくれなかったので、この記事のコメントに書いてあった URL (https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?p=462982) の通りにやったところ、ちゃんと認識しました。

まずは Raspberry Pi をインストール後、有線LANにつないで起動し、

sudo rpi-update

します。

uname -a すると 2015-05-06 の時点では 3.18.12-v7+ #782 だったので、上の URL から対応するファイル名を探してダウンロードし、インストールします。

wget https://dl.dropboxusercontent.com/u/80256631/8188eu-v7-20150428.tar.gz
tar xf 8188eu-v7-20150428.tar.gz
./install.sh

再起動してくださいとでるので再起動します。

これで認識するようになっているはずです。

$ lsusb
...
Bus 001 Device 005: ID 056e:4008 Elecom Co., Ltd
...
$ ifconfig
...
wlan0   ...
...

あとはいろいろな記事で説明されているように sudo sh -c "wpa_passphrase SSID PASS >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf" したり、/etc/network/interfaces を編集したりするだけです。

追記 (2015-05-06)

その後なぜか認識しないようになっていて、調べるとなぜか 3.18.7-v7+ #755 に下がっていた…よくわからない。

sudo rpi-update すると 3.18.12-v7+ #783 になり、もう一度インストールしなおしても動かず。

原因は /lib/modules/3.18.12-v7+/kernel/drivers/net/wireless/8188eu.ko がなぜか0バイトのファイルになっていたことで、install.sh を見て手動で sudo install -p -m 644 8188eu.ko /lib/modules/3.18.12-v7+/kernel/drivers/net/wireless を実行して再起動してみるとちゃんと認識するようになりました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした