Help us understand the problem. What is going on with this article?

Facebookアプリのテストユーザーの作り方手順

More than 5 years have passed since last update.

プライベートアカウントでテストするの怖いです><

GraphAPIを使って使い捨てできるテストユーザーを作りましょう。
案外知られていない、というか、自分自身そういうことが出来ると最近知りました。

公式ドキュメントはこちら https://developers.facebook.com/docs/test_users

捨てメアドとかいるの?(´・ω・`)

いらないです。それはテストユーザーじゃなくて捨てアカウントです。
捨てアカウントを作るの利用規約的にはNGらしい。

1.FBアプリを作る

順当に
WS000002.JPG

2.作成したアプリのAPPIDを確認

https://developers.facebook.com/apps/ 
から作成したアプリのダッシュボードを表示
WS000003.JPG

3.GraphAPIExplorerでapp tokenを取得

https://developers.facebook.com/tools/explorer/
アクセストークンを取得、とGet app tokenの2つのボタンがややこしいので図解
WS000005.JPG

4.テストユーザー作成用のGraphAPIにリクエストするURLを作成する

https://graph.facebook.com/【2.で確認したAPPID】/accounts/test-users?installed=true&name=【テストユーザーの名前(任意)】&locale=ja_JP&permissions=read_stream&method=post&access_token=【3.で作成したapp token】

5.ブラウザでリクエスト

またはGraphAPIExplorerでGETリクエストしてもOK
WS000006.JPG

戻ってきたレスポンスのlogin_urlの値にリクエストすれば、テストユーザーとしてFBにログインできます。
WS000007.JPG

※スクリーンショットのために使用したFBアプリはすでに削除しています。
(`・ω・´)ゞ

ampersand
クソアプリの投稿ばっかりしてるのでContributeの数に惑わされないようにしてください。僕の技術力はしょっぱいです。
admin-guild
「Webサービスの運営に必要なあらゆる知見」を共有できる場として作られた、運営者のためのコミュニティです。
https://admin-guild.slack.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした