Edited at

MacでJuliusインストールする方法

More than 3 years have passed since last update.

Julius(シリウス)をインストールしてみたのですが、けっこう大変でした。

なので、みなさんに共有。


前準備

※brewを使っているので、以下をご参考に入れて下さい。

http://qiita.com/amano-kiyoyuki/items/f27f113a079c57d59b6e

※xcodeコマンドラインツールがインストールされていないとCFLAGSがエラーになるので

以下の強火で進めさんの記事を参考にインストールして下さい。

http://d.hatena.ne.jp/nakamura001/20140503/1399116353

※権限の問題っぽい時は、こちらを使って下さい。

sudo chmod 777 /usr/local/bin

sudo chmod 777 /usr/local/share/man/man1

※ターミナルの補足

$ cdでディレクトリ移動

$ cd .. で一つ上の階層へ移動


flewインストール

flexが必要らしいので、とりあえず入れます。

brew install flex


portaudioインストール

juliusはcoreaudioでは使えないのでportaudioを入れる

以下から、pa_stable_v19_20140130.tgzをダウンロードします。

http://www.portaudio.com/download.html

データを指定のディレクトリに移動して解凍します。

//このやりかたはうまくいかなかった。

$ tar xvf pa_stable_v19_20140130.tgz
$ cd portaudio
$ CFLAGS='-arch i386' ./configure
$ sudo make install
//このやりかたはうまくいかなかった。

こ、これでportaudioが入るはずなんだけども、ダメだったので

brewでインストールしてみる。

$ brew install --universal portaudio

brewでは成功しました!


ディクテーションキット インストール

ディクテーションを以下からダウンロード

http://sourceforge.jp/projects/julius/downloads/60416/dictation-kit-v4.3.1-osx.tgz/

$ tar xvzf dictation-kit-v4.3.1-osx.tgz

$ cd dictation-kit-v4.3.1-osx
$ ./run-gmm.sh

こちらに、Juliusのバイナリがついてくるのでインストールが不要のようです。


確認

以下で実行。

$ cd dictation-kit-v4.3.1-osx

$ ./run-gmm.sh

序盤の桃太郎を口ずさんでみたいけども。

音声認識がイマイチだった。

スクリーンショット 2014-10-21 7.49.30.png

とはいえ、一応インストールは無事に終了。

Juliusの終了

Control + Cで中断できます。


juliusインストール(一応記載)

※試してないので出来るか不明??

brewでインストール



brew install julius julius-dictation-kit

以下からjulius-4.2.3.tar.gzをダウンロードします。

http://sourceforge.jp/projects/julius/downloads/59049/julius-4.2.3.tar.gz/

↓以下の方法だと失敗する。



$ tar -xzf julius-4.2.3.tar.gz

$ cd julius-4.2.3

4 env CFLAGS='-O3 -arch i386' LDFLAGS='-arch i386' ./configure --enable-words-int --with-mictype=portaudio

julius-4.2.3/julius/main.cの197行目を変更する。

-1を追記!

if (j_adin_init(recog) == FALSE) return -1;

$ make

これだとmakeでエラーします。

makeできない理由は

'sent/config.h' file not foundってでるけども

config.h.inとファイル名が違ったので変更してみたけど

変わらずエラーしてしまった。

一応、深追いする必要がなかったのでエラー原因は追求せずに終了しています。