LoginSignup
73

More than 5 years have passed since last update.

Ruby 2.3.0がrbenvに表示されない時にやったこと

Last updated at Posted at 2015-12-26

12月25日に Ruby 2.3.0 がリリースされました:tada:

まずは

$ brew update
$ brew upgrade rbenv ruby-build # updateしたら私の環境ではupgradeできたのでやりました

上記を行って、rbenv, ruby-build を最新の状態にします。
しかし、

$ rbenv install -l
(略)
  2.2.2
  2.2.3
  2.3.0-dev
  jruby-master+graal-dev
  jruby-1.5.6
(略)

2.3.0 の正式版がない。。

ここからが本題で、Ruby2.3.0 をインストールするためには、rbenv を最新の状態にしてあげればよいです。

$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ git pull

これで rbenv が最新の状態になり、Ruby 2.3.0 が表示されるようになったはずです。

$ rbenv install -l
(略)
  2.2.2
  2.2.3
  2.2.4
  2.3.0-dev
  2.3.0-preview1
  2.3.0-preview2
  2.3.0
  2.4.0-dev
  jruby-master+graal-dev
  jruby-1.5.6
(略)

ちゃんと新しいバージョンも表示されていました。なんなら 2.4.0-dev もあります。
今回の目的は Ruby 2.3.0 をインストールすることなので、さっさとインストールしてしまいます。

$ rbenv install 2.3.0

あとはお好みで rbenv global 2.3.0 するなり rbenv local 2.3.0 するなりして、 rbenv rehash しておけば大丈夫ですね。

なんか Ruby のバージョン新しいの出るたびに同じことしてる気がする僕。。

追記

rbenv rehash は不要になったようです:bow:
https://github.com/rbenv/rbenv/pull/638

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
73