Edited at

PostgreSQLをアップグレードしたら動かなくなったのでやったこと

More than 3 years have passed since last update.


環境とか


  • MacOSX El Capitan

Homebrewを使って、PostgreSQL9.4系から9.5系にアップグレード

主にチラシ裏のメモ書き


起こったこと

$ brew upgrade postgresql

と、なんの気なしにPostgreSQLをアップグレードしたら、

$ psql -l

psql: could not connect to server: No such file or directory
Is the server running locally and accepting
connections on Unix domain socket "/tmp/.s.PGSQL.5432"?

という具合に怒られるようになりました。$ rake db:migrate とかもできないorz

/usr/local/var/postgres/postmaster.opts で新しいバージョン書き換えたりしても同じエラーメッセージが。。

最終的には

$ brew uninstall postgresql

$ brew install postgresql
$ rm -rf /usr/local/var/postgres && initdb /usr/local/var/postgres -E utf8
$ postgres -D /usr/local/var/postgres

と、PostgreSQLを再インストールし、元々のPostgreSQLのディレクトリを削除し、初期化したあと起動してどうにか解決しました。

いつも場当たり的な対応してはまってるので、もっとちゃんとドキュメントとか読んで、何がどうなってるのかも理解しようとしなければ。。

参考

Postgres could not connect to server - stackoverflow