4
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

M1 MacでJavaの環境構築をする 2022年5月

環境

  • macOS Monterey 12.3.1
  • VSCode
  • openjdk 18.0.1 2022-04-19
  • javac 18.0.1

本記事で達成すること

  1. 「M1 Mac」に
  2. 「OpenJDK 18」を入れて
  3. 「VSCode」で開発できるようにする

本記事の構成

  1. Javaの環境構築を行う
  2. VSCodeの設定を整える

1. M1 MacにJavaの環境を構築する

1-1 JDKインストール

  • azulのサイトからダウンロード
  • 画面を下にスクロールしていくと、参照画像のボタンからインストールすることができる
    JDKインストール画面

1-2 環境変数の設定

  • ターミナルで下記のコマンドを実行
cd
echo JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/zulu-18.jdk/Contents/Home >> .zshrc
source .zshrc
echo $JAVA_HOME

echo PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin >> .zshrc
source .zshrc
echo $PATH
  • 確認コマンドを入力する
❯ java --version
openjdk 18.0.1 2022-04-19
OpenJDK Runtime Environment Temurin-18.0.1+10 (build 18.0.1+10)
OpenJDK 64-Bit Server VM Temurin-18.0.1+10 (build 18.0.1+10, mixed mode)

❯ javac --version
javac 18.0.1

2. VSCodeの設定を整える

2-1 拡張機能:Extension Pack for Java をインストールする

  • ココ!からインストールすることができる

2-2 setting.jsonに追記する

  • vscode上でcommand + , を入力し、設定画面を表示する

  • 以下の画像からsetting.jsonを開く
    vscの設定画面

  • setting.jsonに "java.jdt.ls.java.home": "/Library/Java/JavaVirtualMachines/zulu-18.jdk/Contents/Home" を追記する
    setting.jsonに追記

おまけ:assertsを有効化する

  1. launch.jsonを作成する
    launch.jsonの作成
  2. launch.jsonに "java.debug.settings.vmArgs": "-ea"を追記する
    launch.jsonに追記

参考にさせていただいた記事

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
4
Help us understand the problem. What are the problem?