iOS
Swift
Swift2

Swift 2のguardはif letのようにOptional bindingを複数書いたり、whereを書いたりできる

More than 3 years have passed since last update.

タイトルの通りなのですが、Swift 2のguardではif letのようにOptional bindingを複数書いたりできます。

guard let text = self.ageTextField.text, age = Int(text) else {

return
}

また、if letのようにwhereで条件を指定することもできます。

guard let name = self.nameTextField.text where !name.isEmpty else {

return
}

この書き方ができることを知っていれば、コードをよりスッキリ書くことができそうです。