Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hyperledger Fabricのブロックの内容を見る

More than 1 year has passed since last update.

Hyperledger Fabricをお仕事で調査しているのですが、イマイチブロックチェーンのブロックの内容が分からないため、悶絶しておりました。何がロギングされているんや、といった具合に。で、SDKアクセスで見れないこともないんですが、今回は Hyperledger Explorer というツールを用いてかっこいい感じで見てみます。

前提

Hyperleder Fabricをローカル環境(Mac)で動かそうとしている

Hyperleder Fabricを動かす

自分が書くよりもいろんな方が書かれているのでそれを参考にしてもらうのがお互い幸福度が上がりそうです。
FABCARというサンプルを動かすことを想定しています。

Docker Composeを使ってHyperledger Fabricのサンプルチェーンコードfabcarを試してみる
ブロックチェーン基盤 Hyperledger Fabric v1.0 アプリケーションの実装

Hyperledger Explorerを動かす

Hyperledger Explorerを動かしていきます
README読めば大体わかりますが下記のようにコマンド打ち込んでいけばOKです

Postgresqlのインストールが必要なので、brewでインストールしておきましょう

brew install postgresql # postgresqlのインストール
brew services start postgresql # 起動

SQLの実行は下記のコマンドで実行可能です。尚、DBを指定しているのは、DBを作成するクエリだとしても、DBの指定なしにpsqlを実行出来ないためです。

psql -d postgres
postgres=# \i app/persistance/postgreSQL/db/explorerpg.sql
postgres=# \i app/persistance/postgreSQL/db/updatepg.sql

ドキュメントによれば app/platform/fabric/config.json の修正が必要ですが、これは先に作成したfabcarで参照しているデータにアクセス出来ればOKです。下記のように設定します。

config.json
{
    "network-config": {
        "org1": {
            "name": "peerOrg1",
            "mspid": "Org1MSP",
            "peer1": {
                "requests": "grpc://127.0.0.1:7051",
                "events": "grpc://127.0.0.1:7053",
                "server-hostname": "peer0.org1.example.com",
                "tls_cacerts": "<fabric-samples-PATH>/basic-network/crypto-config/peerOrganizations/org1.example.com/peers/peer0.org1.example.com/tls/ca.crt"
            },
            "admin": {
                "key": "<fabric-samples-PATH>/basic-network/crypto-config/peerOrganizations/org1.example.com/users/Admin@org1.example.com/msp/keystore",
                "cert": "<fabric-samples-PATH>/basic-network/crypto-config/peerOrganizations/org1.example.com/users/Admin@org1.example.com/msp/signcerts"
            }
        }
    },
    "channel": "mychannel",
    "orderers": [
        {
            "mspid": "OrdererMSP",
            "server-hostname": "orderer.example.com",
            "requests": "grpc://127.0.0.1:7050",
            "tls_cacerts": "<fabric-samples-PATH>/basic-network/crypto-config/ordererOrganizations/example.com/orderers/orderer.example.com/tls/ca.crt"
        }
    ],
    "keyValueStore": "/tmp/fabric-client-kvs",
    "configtxgenToolPath": "<fabric-samples-PATH>/bin",
    "SYNC_START_DATE_FORMAT": "YYYY/MM/DD",
    "syncStartDate": "2018/01/01",
    "eventWaitTime": "30000",
    "license": "Apache-2.0",
    "version": "1.1"
}

上記の config.json は元々の設定から下記の設定を変更しています。

  • peerを2つから1つに変更(fabric-samplesの構成が一つだけ)
  • grpcsからgrpcに変更(ローカル環境なのでSSL通信しません)

あとは手順通りにnpmを実行していけばOKです

blockchain-explorer:$ npm install
blockchain-explorer:$ cd app/test
blockchain-explorer:$ npm install
blockchain-explorer:$ npm run test
blockchain-explorer:$ cd ../../client/
blockchain-explorer:$ npm install
blockchain-explorer:$ npm test ---u --coverage
blockchain-explorer:$ npm run build
blockchain-explorer:$ cd ..
blockchain-explorer:$ ./start.sh

起動に成功すると下記のような画面が確認できます

image.png

ブロックの中身も下記のように確認できます

画像がペーストされた日時- 2018_07_07 11_02 午前.png

akehoyayoi
フルスタックエンジニアリングコンサルタント、時にはパワポを操り、そして時にはコンソールを操り、問題解決したり、モノを作ったりしています。職歴的に一番エンタメ系が長いのと趣味でエンタメにそれなりに詳しいです。 職の遍歴的にはカーナビ開発(メーカー系)→アパレル(SI系)→生保(SI系)→ゲーム(ベンチャー)→交通(ベンチャー)→製造業関係(SI系、イマココ)という感じです
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away