Ubuntu
Windows10
WSL

Windows Subsystem for Linux(Ubuntu)からWindows側のファイルパーミッションを変更

Windows 10 にアップデート(1803)がきて Windows Subsystem for Linux(Ubuntu) で Windows側のファイルパーミッションが変更できるようになったので試してみました。

環境

Windows 10 April 2018 Update バージョン 1803
Ubuntu 16.04.4 LTS

パーミッション変更

Windows 10 をアップデートして早速試してみるもパーミッションが変更できない・・・。

こちらの記事を参考にして変更できるようになりました。
http://ascii.jp/elem/000/001/623/1623594/

いったんアンマウントして metadataオプションをつけてマウントするとパーミッションが変更できるようになります。

Cドライブをマウント
$ sudo umount /mnt/c
$ sudo mount -t drvfs C: /mnt/c -o metadata

マウントオプション設定

ただ、上記の方法ではWSLを閉じると設定が元に戻ってしまいます・・・。

こちらの記事を参考にwsl.confを作成することで、起動時にマウントオプションを設定できるようになりました。
http://ascii.jp/elem/000/001/634/1634120/

最初は /etc/wsl.conf ファイルがないので新しく作成します。

$ sudo vim /etc/wsl.conf

以下のように設定することで起動時に自動でマウントオプションが設定されるようになります。

/etc/wsl.conf
[automount]
enabled = true
options = "metadata"
mountFsTab = false

デフォルトパーミッション

デフォルトのファイルパーミッションは「666」、ディレクトリパーミッションは「777」になっていますが、
これをファイルは「644」、ディレクトリは「755」で作成されるようにするには.profileの以下の行のコメントを削除します。

.profile
umask 022