Help us understand the problem. What is going on with this article?

SAPFioriLaunchPadのロール設定を行う(2)

前回の記事はこちら:SAPFioriLaunchPadのロール設定を行う(1)

5. ロールの追加

ロールを追加し、カタログとグループを紐付けます。

Cockpitのメニューからコンテンツ管理→ロールを押下します。
+を押下します。
プロパティタブの一般→カタログ名とロールIDを入力します。
05_01.png

カタログタブを選択→+を押下します。
カタログ選択ウィンドウが立ち上がるので、任意のカタログにチェックして選択を押下します。
今回はcatlog1を選択しました。
05_02.png

グループタブを選択→+を押下します。
グループ選択ウィンドウが立ち上がるので、任意のグループにチェックして選択を押下します。
今回はgroup1,group2を選択しました。
05_03.png

保存を押下します。
赤エラーが出ているのでプロパティタブを確認すると、SAP Cloud Paltformのサブアカウントに一致するロールがないことが原因のようです。
一致するロールを登録してください。のリンクを押下するとSAP Cloud Paltformのサブアカウントにロールが登録され、エラーが解消されます。
05_04.png
05_05.png

上記の要領でcatalog2,group1,group2を割り当てたロールも作成します。
05_06.png

今の段階のサイトを確認してみます。
画面右上の地球儀のアイコンを押下します。
サイトの公開ウィンドウが立ち上がるので、公開して開くを押下すると別窓でサイトが立ち上がります。
05_07.png

今は確認しているユーザに管理者のロールが割り当たっているため、全てのタイルが確認できます。
※最初に開いた際、group1とgroup2の表示順が反対になっていたためコンテンツ管理→グループで順番を入れ替えました。
05_08.png

6. ロールとユーザの紐付け

作成したロールにユーザを紐付けます。

SAP CloudPlatformのCockpitを再度開きます。
Configure Portalを押下します。
06_01.png

メニューからRolesを押下します。
ロールの一覧が表示され、先程PortalのCockpitから作成したロールが追加されていることが確認できます。
06_02.png

管理者のロールの割り当てを解除するため、TENANT_ADMINを選択します。
画面下部の解除したいユーザIDの行にあるUnassignを押下します。
確認のダイアログが表示されるのでOKを押下すると、管理者のロールの割り当てが解除されます。
06_03.png
06_04.png

作成したロールにユーザを割り当てます。
roleAを選択し、Assignを押下します。
ユーザID入力ウィンドウが立ち上がるので、ユーザIDを入力しAssignを押下します。
06_05.png
06_06.png

roleAに入力したユーザIDが登録されました。
06_07.png

サイトで確認してみます。
画面右上のユーザアイコンを押下し、サインアウトを選択の上再度ログインをします。
06_08.png

再度ログインを行うと、5.で設定した通りロールA(roleA)に紐づくcatlog1,group1,group2に登録されているアプリのみが表示されます。
06_09.png

上記の要領でロールB(roleB)にユーザIDを割り当て直すと、同様にロールB(roleB)に紐づくcatalog2,group1,group2に登録されているアプリのみが表示されます。
06_10.png

最後に

以上の内容でSAP Portalのコンテンツ管理のグループ・カタログ・ロールの設定と、ロールとユーザの紐付けを行うことができました。
SAP Fiori Launchpadの作成時に参考になればと思います。

again_qt
SAP Cloud Platform/SAP UI5/SAP HANA
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした