search
LoginSignup
33

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Windows10のHyper-VでNAT構成をしてみた(ゲストCentOS7)

NATで繋ぐ必要のある状況

ゲストOSに、社内ネットワーク用のIPが割り当てできない
とか。。
自分のパコソン以外からゲストOSを見せたくない(やりようはあると思うがめんどくさい)

Hyper-V側設定

仮想スイッチマネージャ→内部を選択して→「仮想スイッチの作成(S)」
名前は、HyperV-NAT としておく
image.png
コントロールパネル¥ネットワークとインターネット¥ネットワーク接続
(ショートカット: ncpa.cpl
image.png
↑こいつができている。

今つながっているネットワークが ローカル エリア接続 だとすると
プロパティを開いて、共有タブの設定を↓のようにする
image.png
…すると、こんな感じになる
image.png
ローカル エリア接続 に ”共有”の文字が表示される
HyperV-NAT に ローカルエリア接続の接続先が表示され、勝手にIPアドレスが作られている192.168.137.1
こいつが、ゲストOSのゲートウェイアドレスになる
image.png

ゲストOS側:centosを入れた

ネットワークアダプタに HyperV-NATを設定しておく

OSインストール直後の確認

ifconfigがなくなったので… ip addr show コマンドで確認する
eth0にIPアドレスらしきものは出ていない
image.png

IPアドレス設定

nmtui

image.png
Edit a Connection を実行して、ゲストOSのIPアドレスを設定する
対象は、eth0
image.png
IPv4 CONFIGURATION の を選択して展開する
image.png

アドレスの設定
IPv4 CONFIGURATION <Automatic> → <Manual>
Addresses: 192.168.137.2/24
Gateway: 192.168.137.1
Dns Servers: 8.8.8.8 ←GoogleのDNSサーバ(ほかのDNSサーバでもよい)
image.png

有効化する
image.png
image.png
コメジルシ *がつく

# ip addr show      ← 

image.png

はいできた

ちなみに、DNS設定していないと,yumができなかった

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
33