76
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

最初から履歴を追いやすいリポジトリをつくる

ふつうに git init して「最初の」コミットをつくると、最初のコミットの差分が見れない。

たとえばRailsなど、ジェネレータがいろいろつくる場合、どういうファイルが生成されたのか、という記録が残っていると嬉しい。

git-commit--allow-empty というオプションがあって、これを渡すと空のコミットオブジェクトがつくられる。

空のコミットを最初に作っておくことで、リポジトリにおける実質的な最初のコミットの差分を見ることができる。便利。

git-flowというツールをつかってリポジトリをつくるとデフォルトで空のコミットがつくられる。

git-flowを用いずにリポジトリをつくる場合、以下のようにしてリポジトリをつくることが多い。

git init -q && git commit -q --allow-empty -m 'Initialize repository'
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
76
Help us understand the problem. What are the problem?