内容

RedashからAthenaに繋いでselectします

準備

Redashを利用可能な状態にしておきます

参考: RedashをDockerでお試し

設定

Redashなので画面でぽちぽち設定していきます

/data_sources

スクリーンショット 2018-04-09 17.53.06.png

「+New Data Source」から追加します

/data_sources/new

  • 設定に迷いそうな項目は特にありません
  • 必要な項目を埋めていきます
  • 今回はGlueのData Catalogを使うのでチェックを入れています
  • S3 Staging Path に結果が保存されます)

スクリーンショット 2018-04-09 17.56.45.png

必要な項目を入力したら「Save」します

select

sampledbのtableにselectしてみます

SELECT *
FROM sampledb.elb_logs limit 15

スクリーンショット 2018-04-09 18.05.42.png

結果が取得できました!

まとめ

ぽちぽちするだけでRedashからAthenaに接続してselectできました

注意

データベース名にハイフンなどがあると、Redashなどからselectできない可能性があるので注意

詳細

  • Athena + Glue でAWSのWebコンソールからselect
  • SDKからselect

などの場合はSQL内にDB名が登場しないので気になりませんが、

Redashからselectする場合など、SQLにDB名が登場する場合DB名にハイフンなどがあるとうまくselectできないっぽい。
(例: select * FROM DB名.テーブル名

`DB名`.テーブル名

とかやってもダメっぽい

回避策があったら知りたい!

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.