Edited at

WSL+Dockerで便利に使えそうなwsl-terminalを使ってみた

WSL+Dockerで便利に使えそうなwsl-terminalを使ってみたの抜粋版です


WSL+Dockerで困っていること


  • WSL環境を毎回「管理者として実行」で起動しなければならない

  • マウスで選択してコピー、右クリックでペーストをしたい

なければなくても構わないけれど、地味に面倒なことばかり


設定メモ


wsl-terminalのreleasesページからダウンロード

wsl-terminal:releases

今回はv0.8.12をダウンロードした

wsl-terminal-0.8.12.zip


ダウンロードしたzipファイルを解凍してフォルダに移動させた

今回はC:\Application\wsl-terminalに置くことにした


open-wsl.exeをダブルクリックするとwsl-terminalが起動する


お困りごと1:WSL環境を毎回「管理者として実行」で起動しなければならない


  • デスクトップにopen-wsl.exeのショートカットを作成する

  • ショートカットのプロパティの「互換性」タブの「設定」の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れる

02.png


お困りごと2:マウスで選択してコピー、右クリックでペーストをしたい



  • wsl-terminalウィンドウの左上のアイコンを右クリックして「オプション」を選択する

  • 「マウス」の「選択時にコピー」にチェックを入れ、「クリック動作」の「右マウスボタン」の「ペースト」を選択する

03.png


起動時のカレントディレクトリを変更したい

open-wsl.exeを起動するとopen-wsl.exeの場所がカレントカレントディレクトリとして起動する


任意のディレクトリをカレントディレクトリとするには-Cオプションでカレントディレクトリのパスを渡してあげればよさそうだ


  • 作成したショートカットを右クリックして「プロパティ」を選択する

  • 「ショートカット」の「リンク先」に-Cオプションをつけてカレントディレクトリを設定する

    C:\Application\wsl-terminal\open-wsl.exe -C /home/wsluser

04.png