Help us understand the problem. What is going on with this article?

初心者による Array/Map/Setオブジェクト

Arrayオブジェクト

Arrayオブジェクトは、配列型の値を扱うためのオブジェクトで、配列に対して要素の追加/削除、結合、並べ替えを行うための機能を提供する。配列を生成するには原則、配列リテラルを利用する。

sample.js
let array = []

のように定義する。

Arrayオブジェクトの主なメンバー

Arrayオブジェクトで利用できるメンバーは以下のようなものがある。

length : 配列のサイズ
isArray(obj) : 指定したオブジェクトが配列にあるか
toString() : 「要素 , 要素 , ...」の形式で文字列に変換
toLocaleString() : 配列を文字列に変換(区切り文字はロケールによって変化)
indexOf(elem[, index]) : 指定した要素に合致した最初の要素のキーを取得(indexは検索開始位置)
lastIndexOf(elem[, index]) : 指定した要素に合致した最後の要素のキーを取得(indexは検索開始位置)
entries() : すべてのキー/値を取得
keys() : すべてのキーを取得
values() : すべての値を取得

concat(ary) : 指定配列を現在の配列に連結
join(del) : 配列内の要素を区切り文字delで連結
slice(start[, end]) : start + 1 ~ end番目の要素の抜出し
splice(start, cnt[, rep[, ...]]) : 配列内の start + 1 ~ start + cnt番目の要素をrep...で置き換える
from(alike, [map[, this]]) : 列挙可能なオブジェクトを配列に変換する
of(e1...) : 可変長引数を配列に変換
copyWithin(target, start[, end]) : start + 1 ~ end番目の要素をtarget + 1番目からの位置にコピー
fill(val, start[, end]) : 配列内のstart + 1 ~ end番目の要素をvalで置き換え

pop() : 配列末尾の要素を取得、削除
push(data1[, data2, ...]) : 配列末尾に要素を追加
shift() : 配列先頭の要素を取得し、削除
unshift(data1[, data2, ...]) : 配列先頭に要素を追加

reverse() : 逆順に並べ替え
sort([fnc]) : 要素を昇順に並べ替え

//コールバック関数を使ったメソッド
forEach(fnc[, that]) : 配列内の要素を関数fncで順に処理
map(fnc[, thst]) : 配列内の要素を関数fncで順に加工
every(fnc[, that]) : 配列内のすべての要素が条件fncに合致するか
some(fnc[, that]) : 配列内のいずれかの要素が条件fncに合致するか
filter(fnc[, that]) : 条件fncで合致した要素だけで配列を生成
find(fnc[, that]) : 関数fncが初めてtrueを返した要素を返す
findIndex(fnc[, that]) : 関数fncが初めてtrueを返した要素のインデックス番号を取得
reduce(fnc[, init]) : 隣同士の要素を左から右へ関数fncで処理して単一の値にする
reduceRight(fnc[, init]) : 隣同士の要素を右から左へ関数fncで処理して単一の値にする

かなり多くのメソッドがあるが、どれもC++などにもライブラリで備えてあるものである。違いとしては、Arrayオブジェクトはスタック/キューの区別がないことが挙げられる。コールバック関数を使ったメソッドは使用頻度が高い印象。

Mapオブジェクト

Mapオブジェクトは、キー/値のセット、いわゆる連想配列を管理するためのオブジェクトです。

sample.js
//mapの定義
let m = new Map()

//アクセス
for(let [key, value] of m){
 console.log(key)
 console.log(value)
}

Mapオブジェクトの主なメンバー

Mapオブジェクトで利用できるメンバーは以下のようなものがある。

sample.js
size : 要素数
set(key, val) : キー/valの要素を追加。重複時は上書き。
get(key) : 指定したキーの要素を取得
has(key) : 指定したキーの要素があるのかを判定
delete(key) : 指定したキーの要素を削除
clear() : すべての要素を削除
keys() : すべてのキーを取得
values() : すべての値を取得
entries() : すべてのキー/値を取得
forEach(fnc[, that]) : マップ内の要素を関数fncで順に処理

Setオブジェクト

Setオブジェクトは、重複しない値の集合を管理するためのオブジェクトです。

sample.js
//Setの定義
let s = new Set()

//アクセス
for(let val of s){
 console.log(val)
}

Setオブジェクトの主なメンバー

Setオブジェクトで利用できるメンバーは以下のようなものがある。

sample.js
size : 要素数
add(val) : 指定した値を追加
has(key) : 指定した値の要素があるのかを判定
delete(key) : 指定した値の要素を削除
clear() : すべての要素を削除
values() : すべての値を取得
entries() : すべてのキー/値を取得
forEach(fnc[, that]) : マップ内の要素を関数fncで順に処理

参考資料

山田祥寛様 「javascript本格入門」

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした