Git

【Git】ファイルパーミッションの変更(chmod)を無視する方法

Linux と Windows ではファイルのパーミッションの扱いが異なるので、
Linux で作成したスクリプトファイル(パーミッション:0755)を、
Windows でgit diffしたときに、パーミッションが0644に変わっているということが起きたりします😓

ファイルパーミッションの変更を無視する方法

ファイルパーミッションの変更を検知しないようにするため、
Git の設定を以下のように変更✌️

$ git config core.filemode false

以下のコマンドでcore.filemode = false に設定できたか確認👀

$ git config -l | grep filemode

git config core.filemodeとは

Git のパーミッション変更に関する設定

デフォルトだとtrueになっており、こちらがfalseになっていない場合、パーミッションが755になっていたりすると644に自動的に変換されたりします😷

設定した方がいいの?

1人で使用している場合は問題がないですが、
複数人で作業している場合には、パーミッションが Git の設定により、
「変更される人」と「変更されない人」が混在してしまうため、作業に支障をきたす可能性があるかも?
なので、設定する際は注意しましょう😪

参考

Git でファイルパーミッションの変更(chmod)を無視する - git config core.filemode false