22
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Docker— docker run -it の -t を抜くとどうなるか ( tty 指定なしの interactive モード )

普通は --tty--interactive を両方指定して docker コンテナに「入る」と思うが、 --tty を使わないとどうなるのかを試してみる。

そもそも tty とは何なのか

$ docker run --help | grep tty
  -t, --tty                            Allocate a pseudo-TTY

分かりそうで分からない

実験

docker run --interactive alpine

プロンプトマーク

まずはプロンプトのマークがないことに気付く。 ( e.g # $ )

何も起きておらず、画面が固まっているように見えるが、実は「何も出力されてこない」だけで、dockerコンテナの操作モードには入れている。

上下左右のキーがうまく使えないことに気付く。

^[[C^[[C^[[C
/bin/sh:    : not found

空のコマンドが実行されようとしているように見えるが、たぶんコントロール文字がコマンドとして解釈されようとしている。

コマンドは打てる

echo

echo Alice
Alice
echo Bob
Bob

ls

ls var/lib

apk
misc
udhcpd

exit

exit

まとめ

tty = 標準入出力となっている端末デバイス を指定しなくてもコマンドは打てるが、端末をうまく操作できなくなる。

環境

  • Docker version 18.06.0-ce, build 0ffa825
  • Mac OS X High Sierra

リンク

チャットメンバー募集

何か質問、悩み事、相談などあればLINEオープンチャットもご利用ください。

メンター受付

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
22
Help us understand the problem. What are the problem?