Help us understand the problem. What is going on with this article?

はじめてのAmazon Route 53

More than 5 years have passed since last update.

今回の目標

ドメインの入手からRoute 53を用いてEC2上に構築したWEBサーバに独自ドメインで接続することを目標とします。
今回はRoute 53でのドメイン購入は行いません(価格的な意味で)


ドメイン取得

ドメインはレジストラで購入します。
下記サイトとかで.linkや.xyzなんかを取得すると年間200円以下なので検証には良いかと。
お名前.com
ムームードメイン

今回はムームードメインを使用します。
150402-0001.jpg

検索を押下すると一覧が表示されるのでその中で欲しいものを選択
アカウントを持っていなければ新規作成してください。
作成は飛ばします。

ドメイン設定画面
150402-0002.jpg

基本既定値で大丈夫です。
DNSに関しても後で設定するのでそのままでOK

支払いはコンビニやクレジットカードが選択できます。
そのまま進んでいき最後にサマリが出てくるので確認して申し込めば完了です。

以上でドメインが取得できました。


Route 53

Route 53での設定に移ります

マネジメントコンソールへログインしRoute 53を選択
150402-0041.jpg

150402-0004.jpg
HostedZonesを選択し

150402-0005.jpg
Create

150402-0006.jpg
ドメインネームを記載(取得したドメイン名:xxxx.xxx)

作成するとこんな画面が出てくるので
150402-0007.jpg

150402-0008.jpg
ネームサーバー欄を確認します


ムームードメインの管理画面へ移動します

150402-0009.jpg
ネームサーバーをRoute53に変更します。

すごく省略してなぜかというと

ドメインは一番最後のところ(.comとか)から検索が始まりドットで区切られてるところをDNSが管理して次の登録されている次のDNSへ渡していき辿っていきます。
なので、このドメインで検索された時にRoute53へ正しく渡されなければいけないのでRoute53の情報を登録します。

先ほどのNameServersの情報を記載します
9def57ce-17ed-9963-6beb-62f906bb848b.jpeg

以上でRoute 53への登録は終了です。


EC2でのWEBサイト構築は別の投稿で書きますので今回は省略。

WEBサーバのAレコードを登録します。
150402-0011.jpg

例ではサブドメインをwwwと定義しました。
150402-0012.jpg

これでEC2(WEBサーバ)に独自ドメインで接続できるようになります。

Yuki_BB3
バイクと酒と戦車道 こちらに記載した内容は所属会社とは関係ありません
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした