Edited at

PHPからGroongaを利用する - GCommandクラス

More than 3 years have passed since last update.


GCommandクラス

PHP bindings for Groonga.

GCommand {

/* メソッド */
public void __construct(Groonga object, string command)
public void __destruct(void)
public void __set(string key, string value)
public string __get(string key)
public mixed exec([bool assoc])
}


コンストラクタ GCommand::__construct

基礎クラスの生成

$command = new GCommand(groonga, 'status');

引数

名前

概要

object
Groonga
Groongaオブジェクト

command
string
コマンド名

戻り値

なし

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

$command = $gdb->command('status');
print_r($command);

結果

GCommand Object

(
)


セッター GCommand::__set

変数へデータを設置する

$gdb->__set('table', 'Users');

引数

名前

概要

key
string
変数名

value
string

戻り値

なし

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

$command = $gdb->command('load');
$command->talbe = 'Users';
$command->values = '[ { "key":"bob" } ]';
$result = $command->exec();
print_r($result);

結果

true


ゲッター GCommand::__get

変数を取得する

$gdb->__get('table');

引数

名前

概要

key
string
変数名

戻り値

string 変数の値

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

$command = $gdb->command('load');
$command->talbe = 'Users';
echo $command->talbe;

結果

Users


実行 GCommand::exec

コマンドを実行する

$result = $gdb->exec(1);

引数

名前

概要

assoc
boolean
取得タイプ

戻り値

コマンド結果の取得

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

$command = $gdb->command('status');
$result = $command->exec(1);
print_r($result);

結果

Array

(
[alloc_count] => 142
[starttime] => 1417398397
[uptime] => 0
[version] => 4.0.7
[n_queries] => 0
[cache_hit_rate] => 0
[command_version] => 1
[default_command_version] => 1
[max_command_version] => 2
)


PHPからGroongaを利用する-Groongaクラス

PHPからGroongaを利用する-GCommandクラス

PHPからGroongaを利用する-GTableクラス

PHPからGroongaを利用する-GColumnクラス

PHPからGroongaを利用する-GLoadクラス

PHPからGroongaを利用する-GDeleteクラス

PHPからGroongaを利用する-GSelectクラス

PHPからGroongaを利用する-PHPバインディング