Edited at

VS Code 0.10.10の新機能(変更点)

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

2016年3月初めにVS Code 0.10.10がリリースされます。Build 2016 前の最後のフルイテレーションで、多くの変更点があるようなのでまとめておきます(私が使っていない技術は省略しているのであしからず)。


Salsa JavaScriptのデフォルト有効化

以前の記事 で紹介した、Salsaが既定で有効化されました。セットアップが少々面倒だったので、便利になてよかったです。なお、0.10.10の段階では、TS1.8.2の機能を使って型の推測等を行っています。


デフォルトLinterの提供中止

VS CodeのデフォルトLinterが廃止になりました。好きなLinterを使ってねということだと思います。Linterを使いたい方は、アドオンなりを使用して、自分で設定する必要があります。公式サイトに esLint の設定方法が掲載されていたので手順を載せておきます。

1 esLintのグローバルインストール

 1.1 npm install -g esLint を実行するだけです。

2 VS CodeにESLintエクステンションをインストール

 2.1 コマンドパレットを開く。

 2.2 install ext を入力

 2.3 ESLintを入力してインストール

3 esLintを初期化

 3.1 eslint --initを実行

4 設定ファイルの作成

 4.1 サンプルが上がっていました(egamma/.eslintrc.json)。とりあえずこれから始めたら良いと思います。


タブ⇔スペース変換

VS Codeにタブ⇔スペース変換の機能が追加されました。今まではエクステンションをインストールしないと使えなかったため、便利になりました(以前、エクステンションを作成する方法の記事の題材をタブ⇔スペース変換で書きましたが、このとき作ったものはもはや無用の長物ですね。。。)。

変換機能の使い方は至ってシンプルで、コマンドパレットに、Change Indentation Size / Change Indentation To Spaces / Change Indentation To Tabs のいずれかを入力するだけです。


そのほか


C#のサポート

C#のサポートが外されました。引き続き使いたい方はエクステンションを追加してください。


Code Folding

ソースコードが折りたためるようになりました。ユーザーボイスで最も投票が多かったようです。地味ですがあると便利ですよね。


定義をサイドで開く

Ctrl+K F12で定義をサイドに開くことができます。個人的にはGo to DefinitionやPeek Definitionなど前からあったものを使うので、不要です。


Working Fileのクイックオープン

現在開いているファイルをコマンドパレットに~ + ファイル名で切り替えられるようになりました。ctr + tabで十分なのでは?と思いますが、とりあえず追加されています。


エクステンションリコメンデーション

コマンドパレットにext recommendと入力すると、使っているVS Codeに基づいておすすめのエクステンションを勧めてくれます。どういう原理なのか気になる。


End of Line

設定にfiles.eolが追加されました。Windowsだと\r\n、Linuxだと\nがデフォルトです。Windows環境で作ったものをLinuxにもっていくときに使えるかもしれません。


参考

0.10.10 (February 2016)