Help us understand the problem. What is going on with this article?

Nuxt + Firebase + Elasticsearch 勉強用Qiita まとめ

NuxtでFirestoreとElasticsearchを使いたかったのでその際に勉強になったサイトをまとめておきます。

シンプルにFirestoreを導入したい場合

storeで使えるのはindex.jsのみ
Nuxt.js + Firebase Authentication + FireStoreでwebアプリケーションハンズオン

VuexFileでFirestoreを導入したい場合

storeのファイル名をindex.js以外の名前にする場合VuexFileが必要になります。
storeを分けて使いたい場合はこちらがおすすめ

VuexFireでNuxt.jsアプリに一瞬でFirestoreを導入する

2019/10時点でVuexFileの仕様が変わってるため下記のサイトを参考に

Nuxt×vuexfireでちょっとハマった

VuexFireを使おうと過去のサンプルをコピペしたらはまった話

index.jsにmutationを書くところ、firebaseではなくfirestoreと書くところあたりです。

*FirebaseとElasticserchを使いたい場合

天網恢恢疎にして漏らさず全文検索 ~firestore + Elasticsearch + react native~

onSnapshot()の機能

Elasticserch

Elasticsearchの基本

これらのサイトを見れば基本的な使い方、機能は理解できます。
初心者のためのElasticsearchその1
初心者のためのElasticsearchその2
初心者のためのElasticsearchその3 -node.jsからアクセスする-

*Homebrewでのインストール
Elasticsearchのインストール

/// 起動コマンド
$ cd /usr/local/var/homebrew/linked/elasticsearch-full
$ bin/elasticsearch

kibanaのインストール

/// 起動コマンド
$ cd /usr/local/var/homebrew/linked/kibana-full
$ bin/kibana

日本語検索用kuromojiのインストール

Elasticserch 意味 RDBMSで例えると
Index データの保管場所 Database
type table
field  データ型  カラム
document データの本体 レコード

インデックスの作り方

$ curl -X PUT http://localhost:9200/firebase_user?pretty

query

こちらの記事が参考になります

Querying ElasticSearch - A Tutorial and Guide

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした