Github projectsとZenhub boardの機能と思想の比較

  • 21
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Github projectsについての概要

カンバンとしての機能比較

Github projectとZenhub boardのカンバン機能比較

比較項目 projects board
価格(5名以上の場合) 無料 月5ドル〜
工数見積
multi repository
カンバン内でのissue/PR編集
Epic(テーマ)作成
note作成
issue close時のcardの自動移動
issueへの複数アサイン
フィルタ機能

シンプルに機能だけを比較すると、zenhubが有料なだけに高機能で使いやすいイメージが有るが、両者は思想・ユースケースの異なるプロダクトだと思われる。

本質的な思想の違い

Github projects

  • projectは「特定のテーマを進めるためのカンバン」
  • 必要なissueを取り出して進捗管理する
  • 各projectは使い捨てであり作っては解散するもの。

Zenhub board

  • boardは「repoを一つの大きなプロジェクトとみなした際のカンバン」である。
  • repoにある全てのissueをboardで管理する。issueはタスクに近い位置づけ。
  • タスクの性質をわかりやすくするために、epicというテーマグルーピングがある

自チームの開発フローにフィットするのはどちらか?

  • 両方ともに今後さらなる機能追加は期待できるだろうが、それ以前に上記の思想の違いがあるため、自チームのGithubの使い方、ひいては開発フローを俯瞰した上でどちらがフィットするのかを考える必要がある。
  • 場合によっては共存することもあるかな、と考えている。