Github projectsを使ってみた

  • 89
    いいね
  • 1
    コメント

Github projectsとは

projects詳細

  1. repositoryのリストにprojectが追加された貼り付けた画像_2016_09_15_9_07.png
  2. projectsの中には自由にカラムを作り、カラムの中には既存のissueとPR、そしてnoteをcardとして入れることができる。貼り付けた画像_2016_09_15_9_12.png
  3. ドラッグ&ドロップでcardは移動可能
  4. noteは Convert to issue でいつでもissueに変換できる44629a3e-79ab-11e6-8ce9-9ad5f07a135d.gif

実際使ってみた所感

  • Githubにこれまで欠けていたカンバン機能がこのprojectにあたる。
  • projectはrepoあたり複数個作成可能
  • これまで「開発以外のタスク管理についてはカンバン機能が無いためにTrelloやJIRAで行っていた」というチームも多いと思うが、そういったタスク管理もGithubに集約できる可能性が生まれた。projectは真の意味でチーム全体のコミュニケーション加速に一役買うと思う。
  • ただし、noteという概念はissueやPRとは別のものであり、他のnote, issue, PRとrelationが付けられない。その点でnoteが必要なのか?実用性があるのか?というのは疑問。自分が使う場合は必ずissueにconversionして使うだろう。

改善希望ポイント

  • projectページ内でissueを作成することができないことも率直に不便を感じた :thought_balloon:
  • issueをcloseしたり、PRがmergeされたら自動でclosedのカラムへ移動してほしい。
  • 「自分の担当issueのみ進捗管理したい」などのニーズは容易に想定できるので、projects内のフィルタリング機能がほしい
  • このあたりはzenhubのboard機能と比較すると見劣りするが、それでも追加課金を必要とせずカンバン機能が使えるという点で非常にポジティブだと思う :smile:
  • 追ってzenhubのboardとの比較もしてみたい :raising_hand: