Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@YUTA_NARIKAWA_MEM

Backlogのお知らせが増えたらデスクトップ通知を行う(API)

Backlogを使っていて
どうしても通知に気付き辛く
見逃してしまう事があります。

課題一覧から未対応だけ見るのもありですが
自身がお知らせ対象に入ったらすぐに気付きたい
そんな方にオススメのAPIを活用した
「デスクトップに通知」方法を紹介します。

osirase-2.png

情報取得と通知の概要

①APIでお知らせの数を取得
②サイト監視ツールで見張って自動通知

APIキー設定方法と情報取得方法

個人APIキーの発行:
 Backlog→個人設定(顔アイコンから)→API
 メモには「お知らせ情報取得」などと記載
 
このキーを使ってBacklogのAPI利用

http~始まるURLはこういったものになります
https://★★.backlog.jp/api/v2/notifications/count?apiKey=XXXXXXXXX

★★:利用するbacklogアカウントに合わせてください。
XXXXXX:取得したAPIキーを入れてください

下記のような表示されれば成功です。
api-count.png

ちなみに
backlog//api/v2/notifications?apiKey=XXXXXX
でお知らせ一覧を取得できます。

Backlog API一覧についてはこちら
https://developer.nulab.com/docs/backlog/#

オススメ監視ツール

Distill Web Monitor(Chrome拡張機能)
https://chrome.google.com/webstore/detail/distill-web-monitor/inlikjemeeknofckkjolnjbpehgadgge

こちらは指定したURLを定期的にチェックし、
その変化を検知したらデスクトップ通知などが
行えるChroe拡張機能です。

最後に

毎日見に行くのではなく、必要な時にだけアクセスしたく
そしてなるべく早く気付きたいので考えました。
(普段あまりお知らせが多くない人向けです)

ただ、
Backlogについてはリアルタイム性を求めるツールでは
無いので、本来急務ならSlackなどを使えばよいと思いますw

効率化などにご活用いただければ幸いです。
でも将来的にはデフォルト機能であるかもですね。

2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
YUTA_NARIKAWA_MEM
EC事業支援会社:メンバーズイーシーグロウカンパニー社長。BtoCのECサイト運営を10年以上、その後転職でデータアナリストに。GoogleAnalytics,Googleデータポータル,Googleタグマネージャー、BigQueryなど。フロント更新~Web分析解析を中心に、HTML/CSS/Javascript/VBA/標準SQLなどを良く活用しています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?