【罠がいっぱい!】ubuntu 16.04 LTS をMSI製ノート(GE62 6QC)にinstall 微妙に未解決

  • 6
    Like
  • 0
    Comment

image

LinuxなんてTeraTerm経由くらいでしかまともに触ったことない私がubuntuを入れることになったきっかけ(読み飛ばしておk)

取引先でWindows10の自動アップデートのトラブルでなんやかんやがあったので、取引先の社長さんが、
「最近のLinuxはWindowsのソフトも動くんだってね。もしうちの業務アプリが動くんなら、うちのWindows10ぜんぶLinuxに切り替えていこうよ」という話をしはじめる。
私もWineは前々から興味があったので「なにそれ超面白そう!!やりますやります!」と喉まで出かかった声を理性で抑えつつ「試してみてうまく行きそうであれば、そちらの方向で検討してみます」などと言って引き受けてしまった。もちろん内心ニヤニヤである。

逸る心を抑えつつ、さっそくubuntuをDVDに焼いて、会社の古いWindows XPのPCにインストールしてみると、さっくりとインストールが完了。超ワクワクである。

しかし、やはりWindows XP時代のPCにubuntuは無理があったようで、かなり重い。
puppy linuxなどの軽量Linuxを試してみたりする。なかなかいい感じ。
でもよくよく考えると、対象はWindows10 PCなので、もう少し最新版でもいけるはず。ワクワクで盲目的になって方向性を見失ってしまった。

会社にはWindows Updateがヤバいからとなるべく購入を控えるように言っておいたせいで、そんな適当に遊べそうなWindows10のPCがなかった。しょうがないので、自宅のマイPCにインストールしてみることに。

その時の私は、自宅の人柱Windows10 PCが地雷PCだとは知る由もなく・・・ニヤニヤと最新のディストリビューションをDVDに焼くのだった。

Windows10のUEFIがgrubの起動を阻害する

まず基本通り、最新のubuntuのISOイメージを焼いて、DVDから起動してみる。

何事もなかったかのようにWindows10が「ようこそ」とぬかす。(主に対して「ようこそ」ってなんだ!!)
うん。でもこれはよくあるパターンだ。

気を取り直してBIOSを立ち上げるため、そのまま再起動、メーカー名のスプラッシュ中に、DEL、F2、F6、F9、F10とかがちゃがちゃ押しっぱなしにして起動。(困ったことにメーカーによってBIOS画面を表示するキーが違うのだ)

Windows10「ようこそ」

いや・・・君は呼んでないんだ。

しかし、何度やってみてもダメみたい。あきらめてググッて見る。
どうやら、Windows10のPCはそのままではBIOS画面が表示できないものがあるそうな。

犯人は「UEFI」なる特殊パーティションにある、OSに関連付けられたブートローダーのせいらしい。

マウスコンピュータのサポート情報より
image
image
image
image

やっとBIOS画面が表示される。(写真は拾い物画像をレンズ補正したもの)
image

今回はBOOT ORDERだけ修正すればOKなのでUSBかDVDを先に起動するよう変更して再起動。

インストールが進まない病

やっとubuntuのISOが読み込まれるが・・・スプラッシュから先に全く進まない。
image

1時間ほど放置するも、スプラッシュが表示されたままである。
しかし、ディスクのアクセスランプは点滅している。

はて?

DVDの焼きが失敗したのかと、電源長押しして強制終了し、2枚目を焼いて再施行。ー> 結果は全く同じ。
今度はUSBにbootイメージをいれて再チャレンジ。 ー> 変わらず。

ubuntu自体がまずいのかと、lubuntu やら xubuntu やらを試すが、完全に同じ現象に。

ぐぐってみて、スプラッシュ表示中にESCでコンソールビューになることを知って再度ログを見てみると・・・・

whoopsie.service
[   15.359564] iwlwifi 0000:02:00.0: Unsupported splx structure
[   15.423880] nouveau 0000:01:00.0: pic: failed to adjust lnkctl speed
[   40.107752] NMI watchdog: BUG: soft lockup - CPU#0 stuck for 22s! [plymouthd:310]
[   69.107667] NMI watchdog: BUG: soft lockup - CPU#0 stuck for 22s! [plymouthd:310]
                     ・
                     ・
                     ・
[  184.107314] NMI watchdog: BUG: soft lockup - CPU#0 stuck for 23s! [plymouthd:310]

なんかよくわからないけど、永久ループだわこれ。

カーネルの起動オプションを変更する

How to Install Ubuntu 16.04 on MSI GE62 6QC – Gentra Aditya Putra – Medium

GNU GRUB が表示されたら、[E]キーを押して、カーネルオプションの編集画面にする

kernel /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper quiet splash -- debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode?=jp keyboard-configuration/modelcode?=jp106

こんなかんじになっているので、以下のように変更。(キーボードが英語キーになっているので「〜」キーで「=」を打つ)
boot=casper pci=noaer quiet splash pci=nomsi nomodeset

kernel /casper/vmlinuz file=/cdrom/preseed/ubuntu.seed boot=casper pci=noaer quiet splash pci=nomsi nomodeset -- debian-installer/language=ja keyboard-configuration/layoutcode?=jp keyboard-configuration/modelcode?=jp106

どうもnvidia製のGPUが載っているPCにLinuxを入れる場合の魔法みたいである。
編集がおわったら[F10]キーでreboot

これでようやくxが起動する。

さらに罠が待ち受ける

ようやく試用起動が完了したので、デスクトップのインストールアイコンをクリックしてインストーラーを実行する。
参考ページ
image
罠注意!この画面の「グラフィックス、WI-FI機器・・・うんたら」のチェックは入れてはなりません。ログインループバグ付き!

image
ああ、やっとこれでインストールが終わった〜!
と、思うじゃないですか。これは罠です。
ここで必ず「試用を続ける」を押すこと!!

そのままにすると、また例のフリーズが起こってしまいます。
ですので予め、カーネルの起動オプションを変更しなければなりません。

[Ctrl] + [Alt] + [T]でターミナルを開き、以下のように入力。(gksudo コマンドを有効にします。)

sudo apt-get install gksu

次に起動オプションのファイルを編集モードで開きます。

gksudo gedit /etc/default/grub

この2行を書き換えます。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash pci=nomsi nomodeset"
GRUB_CMDLINE_LINUX="pci=noaer"

これで再起動でOK。

Windows10さん「ようこそ」

またおまえかあああああああ!!!!

今度は先程とは違って、UEFIの優先順位を変更する必要があります。

ubuntuのインストールが完了すると、ubuntuのUEFIが新たに追加されます。

先ほどのBIOSを起動する手順でもう一度BIOSを起動させ、「Hard Disk Drive BBS Priority」を選び、優先順位を以下のように変更します。
image

グラフィックドライバにはさらなる罠

おつかれさまでした。これでインストールは完了です。
しかし、このままでは GPUが認識されていないと思います。

ランチャーの「システム設定」「ソフトウェアとアップデート」を起動すると、以下のようなダイアログが表示されます。
image

画像のようにX.Org X Server - Neubeau display driverを選択します。
NVIDIA binary driverは魅力たっぷりですが、絶対に触れてはなりません。ひどい目に遭います!!

※もし、つい誘惑に負けて「NVIDIA」をクリックした場合、最悪、再インストールを考えてください。
ログインループに陥り、二度とログインできなくなる可能性があります。もしそうなった場合、「Ctrl」 + 「Alt」 + 「F1」でターミナルモードからログインし、ドライバーのアンインストールを行うことになります。

※この時点ではまだ完動するHDMIのドライバーがまだ存在していません。あきらめましょう。

おわりに

大昔に、雑誌の付録にあったRedHatやTurbo Linuxを入れて以来、久々のLinuxでしたが、毎度ハズレ環境でやってひどい目に遭っています。
そのたびに、もうLinuxはうんざりだ!!となるのですが、時間が経つと、また魅力が出てくるんですよね。

今回もいい経験をさせていただきました。

ちなみにもうひとつ罠情報 「windows10アップデートでデュアルブートマシンが起動不能になった話