Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Zabbix3.0】ネットワークディスカバリを利用したホスト登録の自動化手順

More than 3 years have passed since last update.

概要

  • Zabbixにおけるネットワークディスカバリを利用したホスト登録を自動化する手順を記していきます!
  • 本手順はZabbixエージェントのチェックをトリガーにホストを自動登録する手順となります

環境

  • zabbix_server (Zabbix) 3.0.3
  • CentOS7.2 (ZabbixServer & Client)

前提条件

  • ZabbixClient側のAgentインストール及び設定が正しくされていること

手順概要

  1. ディスカバリルールの作成
  2. アクションの作成
  3. 確認

手順

ディスカバリルールの作成

[設定] - [ディスカバリ] - [ディスカバリルールの作成] を選択

WS000627.png

必要項目を入力し、追加を選択

  • 名前
  • IPアドレスの範囲
  • チェック
    • チェックタイプ:Zabbixエージェント
    • ポートの範囲:10050
    • キー:system.uname

WS000628.png

WS000629.png

アクションの作成

[設定] - [アクション] を選択し、[イベントソース]を[ディスカバリ]に設定して[アクションの作成]を選択

WS000631.png

[名前]を入力

WS000632.png

[アクションの実行条件]を選択し、条件を以下のように作成し、[追加]を選択

※ディスカバリルールのチェックで設定したキーの値が[受信した値]となる

この値が帰ってくる
# zabbix_get -s 172.18.251.101 -k system.uname
Linux cmtk01 2.6.32-573.12.1.el6.x86_64 #1 SMP Tue Dec 15 21:19:08 UTC 2015 x86_64

WS000633.png

[アクションの実行内容]を選択し、下記のようにアクションの実行内容を追加し、[追加]を選択する

WS000634.png

アクションが追加されたことを確認

WS000635.png

確認

[監視データ] - [ディスカバリ]から該当のサーバが表示され、[監視中のホスト]にIPが表示されていることを確認

※名前解決出来る場合は名前解決されたホスト名等が表示される

WS000636.png

ホスト一覧に表示され、エージェントの状態も有効になっていることを確認

WS000637.png

データも取れてる!

WS000638.png

おしまい

疑問

ネットワークディスカバリとローレベルディスカバリの違いってなんだ?と思い、Twitterで助けを求めたところ、即座に回答していただくことができました!

Zabbix界隈の人々が親切すぎて鼻血でそうです。
@atanaka7さん、 @qryuuさんありがとうございます!

次はローレベルディスカバリを試してみようと思います!

Tocyuki
SREはじめました。 柔術やってます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした