This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

Packet Tracerでルータを用いたネットワークの構築 - 全体の流れ

はじめに

この記事は、2019年9月5日に開催の サポーターズCoLab勉強会「ネットワーク基礎実験ハンズオン - ルータを用いたネットワークの構築」のための資料です。勉強目的での共有をしていただくことは構いませんが、内容についてはサポートできかねますのでご了承ください。

この記事の目的

Ciscoネットワーク機器のはじめの一歩として、パケットトレーサー上で簡単なネットワークを構築して通信を行う実験の手順を説明します。

実験内容

  • スタティックルーティングによるネットワーク構築
  • ダイナミックルーティングによるネットワーク構築

事前準備

以下の記事を参考にPacket Tracerを入手しダウンロード・インストールを行い、起動してください。

Cisco Packet Tracerの入手方法 - Qiita

操作・コマンド集

この記事ではコマンドの使い方やパケットトレーサーの操作方法は解説しません。操作やコマンドについては、都度以下の記事を参照し、必要な変数を書き換えるなどして使ってください。

Packet Tracerでルータを用いたネットワークの構築 - 操作・コマンド集

手順

スクリーンショット 0031-09-05 18.59.35.png

スタティックルーティングによるルーティング

  1. ルータとPCを図のように接続し、各機器の電源を入れる

    • パケットトレーサー上では配置した瞬間に電源は自動でONになります
  2. PCのIPアドレスとサブネットマスクを図の通り設定する

  3. ルータの設定を行う

    1. ルータ起動時に[yes/no]のような確認が出た場合はnoと入力する
    2. 特権モードに移行する
    3. グローバルコンフィグレーションモードに移行する
    4. 図中の各ポートの特定コンフィグレーションモードに移行し、図の通りIPアドレスを設定する
  4. PCとルータの
    間でpingが通るか確認する

  5. 各PC間でpingを実行し、この時点でまだ通信が できないこと を確認する

  6. チートシートを参考に、ルータのルーティングテーブルの設定を行う

  7. 各PC間でpingが通ることを確認する

  8. ルータでshow ip routeコマンドを、PCでtracertコマンドを実行し、結果を確認する

ダイナミックルーティングによるルーティング

  1. ルータとPCを図のように接続し、各機器の電源を入れる

    • パケットトレーサー上では配置した瞬間に電源は自動でONになります
  2. PCのIPアドレスとサブネットマスクを図の通り設定する

  3. ルータの設定を行う

    1. ルータ起動時に[yes/no]のような確認が出た場合はnoと入力する
    2. 特権モードに移行する
    3. グローバルコンフィグレーションモードに移行する
    4. 図中の各ポートの特定コンフィグレーションモードに移行し、図の通りIPアドレスを設定する
  4. PCとルータの
    間でpingが通るか確認する

  5. 各PC間でpingを実行し、この時点でまだ通信が できないこと を確認する

  6. チートシートを参考に、ルーティングプロトコルを RIP に設定する

  7. チートシートを参考に、 RIP でルーティングテーブルを設定する

  8. 各PC間でpingが通ることを確認する

  9. ルータでshow ip routeコマンドを、PCでtracertコマンドを実行し、結果を確認する

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.