Help us understand the problem. What is going on with this article?

SpringBoot2.2.4の内蔵TomcatでSSIServletを使う

対象読者

SpringBootを使ったWebサービスを開発しており、内蔵Tomcatを利用している。
また、SSI (Server Side Include) を利用しているため、SSIServletを使用している。

TL;DR

Tomcat 9.0.30ではSSI関連のモジュールが外部ライブラリ化していますので、
以下のTomcat SSIライブラリも依存関係に追加しなければならなくなりました。

https://mvnrepository.com/artifact/org.apache.tomcat/tomcat-ssi

経緯

JVNVU#98104709 Apache Tomcat の複数の脆弱性に対するアップデート
http://jvn.jp/vu/JVNVU98104709/index.html
により、SpringBootの内蔵Tomcatをバージョンアップする必要が出てきました。

そこで、SpringBootのバージョンを最新のリリースバージョン2.2.4.RELEASEへと更新することにしました。

SpringBoot 2.2.4RELEASEの内蔵Tomcatのバージョン

https://docs.spring.io/spring-boot/docs/current/reference/htmlsingle/#dependency-versions

公式ドキュメントによると、内蔵されたTomcatのバージョンは9.0.30です。

Tomcat 9.0.30では、SSI関連モジュールが外部ライブラリ化されている!

ここで、Tomcat 9.0.30のChangeLogを参照すると、

Moved server-side include (SSI) module into a separate JAR library. (schultz)

と記載されています。

実際にbuild.gradleファイルにてSpringBootのバージョンを2.2.4.RELEASEへと変更すると、
SSIServletが見つからなくなり、ビルドできなくなります。

どこに移動したかが書いていないので、MVN Repositoryを探索しました。

Tomcat SSIライブラリに分割されていた

https://mvnrepository.com/artifact/org.apache.tomcat/tomcat-ssi

MVN Repository内にて、Tomcat SSIライブラリを発見しました。

Spring Bootの内蔵Tomcatにバージョンをあわせて9.0.30を選択して、build.gradledependenciesに追加したところ、問題なくSSIServletを見つけられるようになり、ビルドが通りました。

まとめ

本記事では、Spring Boot 2.2.4.RELEASE内蔵のTomcat 9.0.30にて、SSIを使用するための依存ライブラリを紹介しました。

お役に立てれば幸いです。

Tebasaki314
広く浅く大体なんでもできますが、基本的に専門の人の話にはついていけないです。
https://tebasaki.xyz/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした