Help us understand the problem. What is going on with this article?

Push7でホームページの更新通知を拾ってもらう

More than 1 year has passed since last update.

やったこと

ホームページに「購読する」というボタンを付けて、一般ユーザがホームページの更新通知を拾えるようにした。

RSSで拾ってよ、とか言ってはいけない。

自分にはSlackがお知らせしてくれる。(RSSを使ってる)

Push7とは

  • Webプッシュ通知を無料で設定できるアプリケーション
  • PC/Android/iOSに対応
  • ブラウザは非対応のもの有り(Google Chrome/Firefox対応済み、Safari未対応)
  • 有料プランもあり、マーケティングに色々使えそう
  • 英語が苦手な人は、ホームページに飛んだら、一番下までスクロールして「日本語」を押そう

ホームページ(WordPress)にPush7を導入する

導入の手順は、下記参考サイトに従うのが良い。
ここでは手順は説明しない。

更新の対象を選択することができるので、通知を飛ばしたいカテゴリを選択する。
カテゴリ以外も設定できるのだが、今回はやらない。

Push7の管理画面
カテゴリの選択

ヴィジェットのカスタムHTMLで「更新通知」を作成し、Push7のダッシュボードに出て来るボタンのタグを貼り付ければOK。

ヴィジェットにボタンを作成

Push7に新規登録してから、WordPressに組み込むまで、事前知識なしで20分くらい。
スクショなど撮っていたので、こんなもんかな?

思っていたよりも簡単に導入できた。
WordPressでサイトを作成していて、更新通知を投げたい(サイト購読者数を増やしたい)と思っている人は、一度試してみると良いかも。

参考

TakSus
30代も折り返し地点から、手を出し始めた人。黒い。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away